米国泌尿器科市場における推進要因:低侵襲手術への移行、デバイスの改良、および人口統計学的要素

COVID-19の亜種であるオミクロンが世界的に増加しています。泌尿器科市場では、病院による外来施設の買収など、市場の統合が進んでいることに加え、泌尿器科領域全体で診療報酬が削減されているため、同市場は今後も大きな圧力を受け、成長に悪影響を及ぼすことが予想されます。一方、米国の泌尿器科医療機器市場には、全体的な落ち込みを軽減する多くの推進要因があります。

泌尿器科デバイス市場

泌尿器系は、腎臓、尿管、膀胱、尿道などで構成されています。泌尿器系機器は、泌尿器系の疾患の軽減と治療に焦点を当てています。同市場には、尿失禁用機器、結石管理用機器、前立腺肥大症(BPH)用機器、泌尿器科用内視鏡、前立腺がん治療用機器、泌尿器科用機器、腎瘻用機器、男性用生殖医療機器、ガイドワイヤーなどの機器が含まれます。

2021年は、泌尿器系機器市場は、尿失禁セグメントが最大シェアとなりました。同セグメントの成長は、主に尿道カテーテルの大量使用によってもたらされます。泌尿器系機器市場における牽引要因には、低侵襲手術への移行、デバイスの改良、および人口統計学的要因が挙げられます

低侵襲手術への移行

他の医療機器分野でも注目されているように、米国の泌尿器科市場では、患者のQuality of Life(生活の質)の追求が全体を牽引しています。選択肢が増えれば増えるほど、米国の平均的な患者は、快適な泌尿器科治療を選択する傾向にあります。これは、女性の解剖学的構造に対応した外付けカテーテルの急速な普及に見ることが出来ます。このカテーテルは、高額にもかかわらず、発売以来、大きなシェアを獲得しています。このような低侵襲手術機器の購入と使用のパターンは、多くの泌尿器科市場で観察されており、患者の安全性、出血の減少、再治療率、回復時間を劇的に向上させています。

機器の改良

米国の泌尿器科市場の改革は、発足以来の市場の原動力となっています。より良い治療法や方法論への要求が、医師とエンジニアの両方を動かし、泌尿器科用機器の開発と改良を継続させています。このような変化は、患者と医師の双方による、安全で快適な機器の使用を目指した努力によってもたらされます。例えば、泌尿器科市場における最も重要な開発に内視鏡があります。内視鏡は、泌尿器科医が質の高い視覚を提供できるよう小さく設計されており、かつては開腹して行っていた処置を内視鏡で行えるようにしました。

米国の人口統計学的要因

泌尿器科手術の大半は、45歳以上の患者に行われており、男女比はほぼ均等です。ベビーブーム世代の高齢化に伴い、この人口層は今後も着実に増加すると考えられ、結石管理、BPH、尿失禁治療を中心とした泌尿器科機器の市場が拡大することが予測できます。

市場の総括とさらなる洞察

COVID-19の影響により、米国の泌尿器科機器市場は大幅に減少しましたが、患者の生活の質の向上のために、泌尿器科機器の必要性が、医師と患者の間で高まっています。これらの市場促進要因と治療需要の増加により、パンデミック後は安定した成長が見込まれ、現在の市場の落ち込みからの回復が期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]