米国における整形外科用バイオマテリアルの市場規模、2021年の37億米ドルから2028年には47億米ドル到達予測

米国の整形外科用バイオマテリアル市場は、2020年はCOVID-19パンデミックの影響がおよび、2019年から2020年にかけてその市場規模は6.7%減少しました。一方、2020年から2021年にかけて多くの整形外科手術が延期されたにもかかわらず、市場は今後数年以内にパンデミック前の数値に回復することが予想されます。その市場規模は2021年の37億米ドルから2028年には47億米ドルに達すると考えられます。

米国の整形外科用バイオマテリアル市場のセグメント

米国の整形外科用バイオマテリアル市場には、骨移植代替品、成長因子、細胞移植片、細胞療法、ヒアルロン酸のビスコサプリメンテーション、軟骨修復などがあります。

骨移植代替品は、骨の空洞を埋め、自家移植の必要性をなくすための拡張材として機能します。

成長因子は、人間の体内に自然に存在するタンパク質であり、成長因子製品は、骨修復手術においてその再生特性を利用しています。

細胞移植片は、移植骨に幹細胞を加えたもので、同種の骨と幹細胞を組み合わせ、骨伝導、骨誘導、骨形成による骨修復を可能にします。

細胞療法は、血液や骨髄の一部を採取して濃縮液を作る細胞濃縮システムです。

ヒアルロン酸ビスコサプリメンテーションは、変形性関節症による痛みを和らげるために、膝に直接注入して使用します。

軟骨修復製品は、軟骨をさまざまな方法で利用して患部を治療します。

市場の将来性

米国の整形外科用バイオマテリアル市場は、2028年までにCAGR3.6%で成長し、47億米ドルに達すると予測されています。整形外科用バイオマテリアル市場のセグメントの中で、骨移植代替品セグメントが最大で、ヒアルロン酸ビスコサプリメンテーションが僅差でこれに続きます。これらの市場だけで13億米ドルを超える評価額があり、市場の3分の1を占めています。

骨移植代替品市場のセグメント成長は一貫しており、この傾向は今後も続くことが予想されます。骨移植代替品はすでに多くのケースでその効果が証明されており、同時に細胞治療製品のような他のバイオマテリアルと組み合わせて使用することもできるため、市場シェアを維持することができます。

整形外科領域におけるCOVID-19の影響

COVID-19が米国の整形外科用バイオマテリアル市場に与えた影響は多大なものでした。一方、今後数年以内にパンデミック前の市場規模に回復することが予想されます。パンデミックの緊急手術に加えて、病院のベッド、個人防護具(PPE)、人員がCOVID-19患者の治療に使われたため、病院は待機手術を停止せざるを得ませんでした。そのため、2020年から2021年にかけて、整形外科手術の大部分が延期されました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]