欧州における脊椎インプラント市場:低侵襲(MIS)脊椎インプラント市場は新技術の導入で2026年までCAGR 5.2%で成長予測

欧州における低侵襲(MIS)脊椎インプラントと開放型脊椎インプラント

低侵襲(MIS)脊椎インプラントと開腹脊椎インプラントの2つの施術は、施術方法に関しては似たような特徴を持ちますが、市場動向は大きく異なり、2022年以降の成長率も異なることが予測されます。

COVID-19の影響により、低侵襲および開腹手術の両方の脊椎市場は、手術のキャンセルや遅延の結果、評価計画や処置プロセスが著しく低下しました。脊椎インプラントの欧州市場は、整形外科市場の中でも最もエキサイティングで議論の多い分野と考えられます。従来、この市場は整形外科市場全体の一部門と考えられていましたが、急速な成長と市場規模の発展により、多くのメーカーは脊椎を従来の整形外科とは別の重要な事業部門と捉えるようになりました。

歴史的に欧州における脊椎インプラントの大半は、大きく切開する手術で行われていました。欧州の脊椎インプラント市場は、低侵襲および開腹の合計で2.2%の成長を遂げ、2026年まで増加すると予測されています。さらに、低侵襲インプラント市場に限っては、さらなる新技術が導入されたことで、5.2%で成長すると予測されています。低侵襲脊椎インプラント市場の増加は、このプロセスに続く市場の推進力によるものと考えられます。多くの患者は、従来の開腹固定手術ではなく、低侵襲手術を選択します。侵襲性の低い技術により、患者は筋肉や組織の損傷や合併症のリスクを減らし、全体の手術時間を短縮することができます。その結果は概ね良好であり、開腹手術よりも低侵襲手術の方が有利であることが分かります。

低侵襲(MIS)脊椎インプラントと開腹脊椎インプラントの両市場はパンデミックによって大きな損失を被りましたが、今後は堅実に拡大することが予測されます。さらに、欧州では2028年には、低侵襲性脊椎インプラント市場が開腹脊椎インプラント市場を上回り、脊椎インプラント市場の後継者になると予測されています。同市場における新技術は、長期的には患者と施術者の両方に利益をもたらします。低侵襲脊椎インプラントは、関わる人々にとって予見可能でエキサイティングな未来への希望を与えてくれます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]