米国の消化器系内視鏡デバイス市場で注目すべき3社、独自開発で強力なポートフォリオを有す

消化器系内視鏡は、消化管の異常や病気を診断・治療する低侵襲手術機器です。現在、米国の消化器系内視鏡機器市場で最大の市場セグメントはFIT-DNA検査セグメントです。FIT-DNA検査は、利便性が高く、その低侵襲性から人気が高まっています。さらに、がんの発生率の増加と新しい技術開発が市場全体の成長を促進しています。米国の消化器系内視鏡機器市場では、大手企業3社が市場シェアの大半を占めています。各社はそれぞれ、戦略的に優位性のある独自のデバイスを持つ強力なポートフォリオを有しています。

米国の消化器系内視鏡機器市場におけるトップ3のマーケットリーダー

1: Exact Sciencesイグザクトサイエンス

Exact Sciences社は、需要が高く、競合のいないニッチ市場を見つけて参入した企業です。その結果、米国の消化器系内視鏡機器市場でトップの座を獲得しました。同社は2014年にGI領域に登場し、世界初のFIT-DNA検査を市場に投入しました。FIT-DNAは現段階で最大の市場セグメントであり、COVID-19の流行中においても急激な減少が見られなかった数少ないCRCスクリーニング検査の1つです。さらに、FIT-DNA検査は、GI領域の中で2番目にボリュームのある検査法です。2014年以降、FIT-DNA分野は同社の独占状態にあります。

Exact Sciences社は、2020年の初めに、Paradigm社とViomics社を買収しました。この買収により、Exact Sciences社は治療法選択テスト、シーケンシング、バイオマーカーの発見で優位に立ちました。最終的に、同社は、トップを維持するために、ラボでの検査、研究、開発の機能を拡張しました。

2:Boston Scientificボストン・サイエンティフィック

Boston Scientific社は、Exact Sciences社に続く、米国の消化器系内視鏡機器市場で2番目の企業です。同社は、医療機器の分野における巨大な企業です。多様な製品ポートフォリオを持ち、検体回収および異物除去装置市場とGI内視鏡セグメント以外のほとんどのセグメントで、トップレベルの製品を提供しています。また、同社は、使い捨てのGIスコープ市場で最初に製品を発売した企業です。COVID-19や感染症のリスクから使い捨て製品への需要が高まるにつれ、同社の売上は増加すると思われます。

Boston Scientific社の成功は、2016年に行われたEndoChoice社の戦略的買収に負うところが大きく、この買収により、GI市場全体、特に使い捨て製品と感染防止装置において、同社の存在感が大幅に拡大しました。

3:オリンパス

オリンパスは、米国のGI市場中3番目の企業として登場しました。同社は、1950年代にGI市場に参入して以来、名を上げてきました。いくつかの分野で製品を提供していますが、消化器系の内視鏡機器で最もよく知られた企業です。現在、オリンパスは消化器系内視鏡市場の大部分のシェアを占めています。また、広範な代理店網と販売力により、内視鏡分野を支配しています。さらに、製品の品質が高いことで知られており、その知名度によって市場シェアを維持しています。

2021年1月、オリンパスはQuest photonic devices B.V.を5000万ユーロの評価額で買収しました。買収の目的は、同社のイメージングと外科用内視鏡のポートフォリオを支援し、人気と売上を高めることでした。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]