米国の患者モニタリング機器市場、2027年に108億米ドル到達予測

COVID-19の影響で、患者が自宅から医師に連絡できるように、遠隔患者モニタリングや、医療施設内でのテレヘルス(遠隔医療)技術の導入が必須なものとなりました。しかし、オンラインに移行することは多くの人にとって難しいことではなく、ほとんどの場合、好ましいことでした。現在では、テレヘルスや遠隔モニタリングに強い関心を寄せている人々は多く、オンラインでの生活を望んでいます。その結果、米国の患者モニタリング機器市場は、2027年に向けて拡大しています。

テレヘルスと患者モニタリング機器

患者モニタリング機器には、バイタルサインや患者の神経・血行・心臓機能の変化を測定・観察するために設計された製品が含まれます。これらの機器は、ほとんどすべての病院、代替医療施設、患者の自宅に設置されています。また、患者モニタリング機器は、健康上の問題がある患者の診断、警告、治療の追跡も行います。

具体的には、テレヘルスとは、電話、インターネット、ネットワークを介して医療情報を転送し、検査、診断、処置に使用するプロセスです。モニタリングソリューションは、個々の患者に合わせてカスタマイズされ、患者の健康管理を可能にします。遠隔患者モニタリングは、患者の自宅など、通常の医療環境以外の場所で患者の状態を監視することができます。

米国の患者モニタリング市場のトレンド

トレンド1:技術開発と人口要因による成長

一般的に、米国の患者モニタリング機器の市場成長は、高齢化社会の到来と米国の人口規模の拡大によって促進されます。通常、患者数の増加は、様々なセグメントの処置数に影響し、市場を牽引します。さらに、機器の接続性や相互運用性などの技術の進歩も市場全体を牽引します。このような技術の向上は、すべてのセグメントにおいて、価格を安定させるのに役立ちます。

トレンド2:患者の遠隔モニタリングへの移行

COVID-19の影響で、遠隔患者モニタリング市場が順調に推し進められています。遠隔患者モニタリングは最も成長率の高いセグメントで、2027年までにCAGR10%台半ばで増加すると予測されています。2027年末には、遠隔患者モニタリング市場は、金額ベースでパルスオキシメーターやマルチパラメータバイタルサイン部門を上回ると考えられます。加えて、最近の遠隔モニタリングに対する償還政策の改善も大幅な増加に寄与しています。

トレンド3:低侵襲デバイスへの移行

大多数の人は低侵襲な機器を持ちたいと考えています。低侵襲な機器は、リスクが少なく、快適で、より良い結果が得られる可能性があります。残念ながら、すべての人にこの選択肢があるわけではありませんが、より低侵襲なデバイスの開発が進んでいます。また、低視力用の患者モニタリング機器の採用も増加しています。このような傾向が見られるのは、患者ケアの質を向上させ、連続したケアにおけるモニタリングのレベルを向上させたいとの考えからです。さらに、患者の予後を改善することで、長期的なコストの削減を目指しています。

市場の総括とさらなる洞察

全体として、米国の患者モニタリング機器市場は、2019年から約10%増加し、2020年には74億米ドルに達しました。2020年はCOVID-19の症例の需要から、さらに市場は拡大し、2027年には108億米ドルに達すると予測されています。技術革新、人口増加、低侵襲機器へのシフトなど、さまざまな要因が市場の増加に影響しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]