デンタルインプラントのトレンド

2020年、歯科インプラント市場は、COVID-19パンデミックにより極めて大きな影響を受けました。それにもかかわらず、市場は2020年中に回復し、その規模はCAGR11.6%で増加し、2027年には68億円に達すると予想されています。歯科用インプラント市場には、プレミアムインプラント、バリューインプラント、ディスカウントインプラントのセグメントがあり、ファイナルアバットメント市場には、ストックアバットメント、カスタムキャストアバットメント、CAD/CAMアバットメントのセグメントがあります。

歯科インプラント市場の将来

2020年、世界はCOVID-19の大流行に見舞われ、各国でロックダウンを余儀なくされました。この間、ほとんどの選択的手術は、必須でないと判断されたため、遅れが生じました。しかし、世界各地でワクチンの接種が進むとともに市場は回復し始め、2022年には歯科インプラント市場は、パンデミック前の規模に戻ると予想されています。

COVID-19後の歯科インプラント市場の回復は、人口統計学的要因に起因しています。世界人口の増加は、多くの医療市場を支え、年をとることでよりケアを必要とし、重度の怪我もしやすくなります。また、歯周病の罹患率は年齢との相関性が高いため、歯科インプラント市場の成長を促します。また、医療へのアクセスが向上したことにより、高い成長が見込まれる地域が増え、歯科インプラント市場における大きな成長機会となる可能性があります。

歯科インプラント市場の動向

歯科インプラント市場の成長は、世界的に歯科医療へのアクセスが増加していることに起因しています。また、患者と歯科医療従事者の双方が、歯科衛生や歯科治療についてより多くの知識を持つようになったことで、歯を失った患者がインプラント治療を受けるようになりました。その結果、歯科衛生と審美性の向上に向け、歯科インプラントの設置数が増え、市場規模が拡大しています。

一方で、患者や歯科関係者の教育が進むことで、無歯顎症の割合が減り、インプラントの需要を制限する可能性もあります。

ファイナルアバットメント市場の動向

デンタルインプラント市場と同様に、ファイナルアバットメント市場も着実に成長しています。前述したように、ファイナルアバットメント市場に直接影響を与える歯科インプラントの数が増加しています。基本的には、インプラントの大部分がアバットメントを必要とするため、インプラントの数が多ければアバットメントの数も多くなります。したがって、医療へのアクセスの向上と人口統計学的な要因が、ファイナルアバットメント市場の牽引要因となっています。

ファイナルアバットメント市場のトレンドの1つは、CAD/CAMシステムの人気と利用の増加です。CAD/CAMシステムは、形状やサイズ面で柔軟性が高いことから、ここ数年で人気が急上昇しています。CAD/CAMシステムの人気が高まっていることが、ファイナルアバットメント市場の成長を支え続けると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]