麻酔器の市場動向:COVID-19の影響もあり、高複雑性ADUの成長2027年まで継続予測

麻酔デリバリーユニットは、別称、麻酔器またはADUと呼ばれ、吸入によって全身麻酔を行う機器です。また、麻酔ガスと酸素の混合、患者の換気、揮発性麻酔薬の気化なども行い、多くの麻酔科医は、これを不可欠な機器と考えています。ADUには、複雑性の高いものと複雑性の低いものがあります。電子気化、電子フロー、および換気パラメータを含む麻酔供給ユニットが、複雑性の高いADUに分類されます。また、高複雑性ADUの価格には、統合型ガス分析装置の費用が含まれています。通常、麻酔科医は手術室でADUを使用しますが、産科やMRI(磁気共鳴画像装置)など、手術室以外の場所でもADUを使用することができます。

高複雑性ADU市場

2020年はCOVID-19の影響で、高複雑性ADU市場は急激な成長パターンを示しました。このパンデミックの影響を除いても、同市場は着実に成長しており、2027年までプラス成長が続くと予測されます。さらに、高複雑性ADUは低複雑性ADUよりも高価であるため、以前は病院が余分な費用をかけようとしませんでした。しかし、現在では多くの病院や医療センターが、最新の高複雑性機器とその長期的なメリットについて理解を深めています。高複雑性ADUの平均的な販売台数の増加は、旧型の麻酔器からの買い替え、または低複雑性ADUからのアップグレード販売によるものです。

低複雑性ADU市場

低複雑性ADUの市場は全体的に成熟しています。COVID-19に関連した手術のキャンセルや延期により、同市場は2020年に減少しました。しかし、その後は安定した成長を続けることが予測されます。さらに、低複雑性ADUは取り扱いが容易で、平均販売価格(ASP)が安い一方で、技術的には高複雑性ADUに追いついてきており、コスト重視の病院での需要が伸びつつあります。

高複雑性ADUと低複雑性ADUの市場の行方

以前は、従来の低複雑性ADUが市場を席巻していましたが、現在は高複雑性ADUが支持される傾向があります。この需要の増加は、高複雑性ADUの機能性と柔軟性の向上によるものです。今後2027年には、高複雑性ADUの需要は、低複雑性ADUを大幅に上回ることが考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]