中国のデジタル歯科の市場規模は、2027年に3億7,950万米ドル到達予想

中国のデジタル歯科の市場規模は、COVID-19状況下にもかかわらず、2020年の2億1,050万米ドルからCAGR8.8%で成長し、2027年には3億7,950万米ドルを超えると予想されています。また、同市場のなかでも、口腔内スキャナー部門が最も高い成長を示しています。

中国のデジタル歯科市場の最大のトレンドは、CAD/CAM技術への移行であり、この技術により、歯科補綴物やインプラントの製造において、コスト、労働力、時間を大幅に削減できる可能性があります。しかし、それには多額の資本と労働力が必要となります。従来、小規模なラボが、歯科技工市場の主流となっていましたが、この技術に投資する十分な資本を持たない企業が多いと思われます。

市場の成長を牽引するのは、口腔内スキャナーの需要増です。これまでは、欧米メーカーの口腔内スキャナーは価格が高いため、中国の歯科医院がこの技術に投資するには限界がありました。しかし、国産メーカーが普及し、CAD/CAM技術がラボで一般的になってきたことで、口腔内スキャナーの販売は急速に拡大しています。

COVID-19の中国のデジタル歯科市場への影響

2020年の中国のデジタル歯科市場は、COVID-19パンデミックの影響により、2019年と比較して14.7%減少しました。しかし、その後市場は回復し、2022年末にはCOVID以前のレベルを超えると予想されています。

デジタル歯科市場は、COVID-19の影響で、患者数、歯科医院への支出が減少し、マイナスの影響を受けました。また、歯科医院のキャッシュフローが減少し、歯科用補綴物の需要が減少したことで、資本設備や材料の市場にも影響を与えました。全体として、パンデミックが同市場に与えた影響は、市場セグメントごとに異なると予想されます。

中国におけるデジタル歯科のトップ企業

中国のデジタル歯科市場をリードするのは、3Shape、Dentsply Sirona、Align Technologyの3社であり、同時にCAD/CAM機器市場をリードしている企業でもあります。中国のデジタル歯科市場では全般的に競争が激化しており、各セグメントで高いシェアを維持している企業は、継続的な買収や提携によって足場を固めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]