欧州における歯科用骨の移植代替品市場、2027年に2億7720万ユーロ到達予測

欧州における歯科用骨移植代替品(DBGS)市場の評価額は、COVID-19の影響で2019年からマイナス31%で推移し、2020年に1億5100万ユーロになりました。一方、市場は着実に成長しており、2027年には2億7720万ユーロに達すると予測されています。

欧州の歯科用骨移植代替品セグメント

自家移植

自家移植は、患者自身の体から採取した骨を材料とした移植です。手術では、患者の骨や組織を必要な部位に移植します。

同種移植

同種移植材には、凍結乾燥骨同種移植片(FDBA)と脱灰凍結乾燥骨同種移植片(DFDBA)の2種類があります。 

ミネラル化された同種移植片

ミネラル化された同種移植片は、人間のドナーから採取された骨移植片材料です。

脱灰骨基質同種移植片

脱灰骨基質移植片は、独特なタイプの同種移植片です。このカテゴリーには、キャリアの有無にかかわらず、脱灰した凍結乾燥骨同種移植片が含まれます。

異種移植片

異種移植片は、ヒト以外の動物種に由来する骨移植片の代替物です。

合成骨

合成骨は、動物や人間に由来しない骨移植代替物です。

歯科用骨移植代替品市場の最大、最小のセグメント

2020年には、COVID-19パンデミックの影響で経済活動が急激に縮小したため、歯科用骨移植代替品(DBGS)の市場規模は大幅に減少しました。しかし、業界のリーダーたちは、ビジネスのファンダメンタルズが損なわれていないことに自信を持っており、市場の迅速な回復を予測しています。

現在、異種移植片が最大の市場セグメントとなっており、2027年までは、このセグメントが引き続き主流になると考えられます。異種移植片には病気を媒介するリスクがありますが、ヒト由来の同種移植片に比べて供給量が多く、利便性が高いことから需要が上回っています。一方、平均販売価格(ASP)の緩やかな下落がこの市場を制限しており、DBGS市場全体に占めるシェアは低下することが予測されます。

一方、合成材料部門は最も小さな市場です。合成材料は、骨移植用の自家移植材を採取する手術を避けたい患者に適しています。同部門は、最小市場であるにもかかわらず、欧州のニッチ市場に対応しているため、穏やかな成長を遂げています。この成長は、販売数の増加とASPの上昇が主な要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]