米国の歯科補綴の市場規模、2027年には107億米ドル超過予測

米国の歯科補綴の市場規模は、2021年の97億米ドルから、2027年には107億米ドルを超えると予測されています。また、種類別には、クラウン・ブリッジ市場が最も高い成長を遂げると予想されています。主要な競合企業には、Gridewell Dental、National Dentex Corporation、Modern Dental、Dental Services Groupなどがあります。

デジタルデンティストリーは、歯科補綴物の製造における先駆者として、過去10年間に市場に大きな変革をもたらしました。CAD/CAMシステムは、従来のモデルや方法よりも正確かつ迅速に補綴物を製作することができます。デジタルデンティストリーは、チェアサイドCAD/CAMテクノロジーにより患者の体験を向上させ、補綴物の即日受け取りを可能にしました。

米国の歯科補綴市場の成長を制限する最も大きな要因は、歯科治療の需要を減少させる口腔衛生の改善です。歯の健康状態が改善されると、天然歯列の維持率が高まり、完全無歯顎の患者が減少します。このことは、総義歯やブリッジの市場にマイナスの影響を与えますが、低価格のクラウンやパーシャルデンチャーの市場は増加すると思われます。

COVID19による米国の歯科補綴物市場への影響

COVID19により、米国の歯科用補綴物の市場規模は、2019年の96億米ドルと比較して、2020年には約15%の減少となりました。米国市場は、2021年後半には立ち直り、完全に回復すると予想されます。COVID-19の具体的な影響は、歯科技工所の収益を見ることでより正確に調べることができます。歯科医はさまざまな処置を行いますが、ラボでは最終的な補綴物を製造する役割が大きく、ラボの売上は補綴物市場へのCOVID-19の影響をより正確に反映することになります。

米国の歯科用補綴市場シェアの分析

米国の歯科用補綴市場は、4つの主要な競合企業がリードしています。Glidewell Laboratories、National Dentex Corporation、Modern Dental、Dental Services Groupです。同市場において研究所や企業は飽和状態にありましたが、これらの上位4社は継続的なM&Aによって市場で躍進することができました。ラボの統合により、米国の歯科補綴市場の状況は変化しています。全米歯科技工所協会(NADL)によると、米国の歯科技工所の数は、過去20年間で25%以上減少しています。これは、2つの意味での変化を表しています。第1に、経済的な要因により、オーナーが一人で運営するラボの閉鎖が進んでいること、そして、第二に、中規模の検査室は、より大きな検査室コングロマリットに買収され続けていることです。この2つの傾向は、米国の歯科補綴市場で進行中の、大規模な統合を反映しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]