歯科用インプラント:サポート技術の進歩により開業医にも市場広がる

歯科医の専門知識や技術が進歩するにつれて、デンタルインプラントは、歯を欠損した人に好まれる治療法になってきました。2019年は米国で300万本以上のインプラントが施術されました。しかし、2020年はCOVID-19パンデミックの影響で市場が低迷しました。今後、デンタルインプラントの市場は2年以内に回復し、前年比6~7%という成長トレンドを継続することが予想されます。この成長は、人口の高齢化に伴う無歯顎率の上昇だけでなく、治療計画ソフトウェアやサージカルガイドなどのサポート技術の進歩により、高い精度とインプラントの信頼性が得られるようになったことに起因しています。さらに、インプラント埋入手術は、専門的訓練を受けていない開業医(GP)にとっても、一般的になりつつあります。このようなダイナミックな業界動向は、今後数年間にわたり、デンタルインプラント市場に大きな変化をもたらします。

一般歯科医によるインプラント埋入施術導入の増加

デンタルインプラント市場の成長を牽引する最大のトレンドは、米国における人口の高齢化と、インプラント治療を行うことのできる歯科医の増加です。米国では、2030年までに65歳以上の人口が18歳以下の人口を上回ると予測されています。高齢者は若年層に比べて歯周病などの健康障害が多いため、この人口動態の変化はインプラントの需要拡大につながると考えられます。技術の進歩により、デンタルインプラントの信頼性、快適性、審美性が大幅に向上したため、無歯顎患者への施術として需要が増しています。

この需要の高まりに対応するため、インプラント治療を取り入れる歯科医は増加しています。以前は、複雑なインプラント治療は、口腔外科医など、十分な訓練を受けた専門医に限られていました。しかし、最近のインプラントプラットフォームやデジタルスキャニング技術の発展により、信頼性を損なうことなく、より高い精度で手術を実現することが可能になりました。その結果、現在では、スキルセットを広げるために、インプラント歯科の補助的なトレーニングを受けるGPが増えてきています。

現在、米国で免許を取得している約20万人の歯科医師のうち、約16万人(約80%)がGPであると言われています。2020年に埋入された歯科インプラントの約31%がGPによるものであり、今後も、この傾向は増加すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]