国家安全保障・法執行機関におけるビッグデータ・データアナリティクス市場、2026年に172億7,000万米ドル到達見込み

国家安全保障・法執行機関におけるビッグデータ・データアナリティクス市場は、2019-2026年の予測期間中、CAGR11.62%で成長し、2026年には172億7,000万米ドルに達すると予想されます。

国家安全保障、防衛、公共安全の組織や情報機関によるビッグデータやデータ分析の利用は増加傾向にありますが、その主な理由は、世界がよりデジタル化し、つながってきているからです。これにより、データの収集や保存だけでなく、情報の処理、活用、発信、分析などの新たな機会が生まれています。ビッグデータとデータ分析技術は、犯罪やテロとの戦い、サイバー攻撃からの防御、公共安全分析、災害や大規模事故の管理、予測能力の開発など、多くの関連する局面で情報機関の調査能力を向上させることができます。Osint市場、Sigint市場、サイバー防衛活動、金融調査など、情報機関のすべての分野でビッグデータの成長の恩恵を受けています。

国の安全保障や公共の安全を脅かす直接的な脅威は増加しており、国家間の大規模な紛争から、よりピンポイントで抑制された紛争へと進化しています。ローンウルフ攻撃、テロリズム、自然災害、組織犯罪、大量破壊兵器の拡散、サイバー犯罪などのこれらの脅威は、各国が国家安全保障問題に対処する方法を変えています。このような新たな安全保障上の脅威や国家の安全に対するリスクにより、国土安全保障や公共安全の組織は、より高度な活動モードや、生成されて敵に利用される可能性のある膨大なデータに対処するための、より優れた新技術やシステムの導入を余儀なくされています。

自動化、AI、5G対応のエッジデバイスなど、政府や機関がデジタル近代化プログラムの一環として新技術を採用する際、これらの取り組みの成功は、外部ソース、内部システム、接続されたセンサーやプラットフォームから利用可能な膨大なデータの流れを、安全な方法でこのデジタルインフラに供給することにかかっていることを理解しています。データの優位性を獲得し、(ビッグ)データを活用できた者は、決定的な優位性を得ることができます。そのため、ここ数年、ビッグデータとデータ分析は、諜報機関、警察、ファーストレスポンダー、軍隊、さらには国境管理業務のオペレーションの礎となっています。これらの組織はいずれも、長年にわたってデータの収集、分析、普及に取り組んできました。しかし今日では、AIだけでなく高度なビッグデータアナリティクスによって、情報源の監視、収集、分析の方法が変わり、よりデータに基づいた正確で効率的な組織へと変化しています。

国土安全保障・国家安全保障・公共安全におけるビッグデータ・データアナリティクスの垂直市場別シェア(%) 2019-2026年

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]