フェイクニュース・ソリューション市場、2020年から2026年にCAGR42%で成長見込み

過去1世紀にわたり、フェイクニュースは大きな問題となってきました。報道機関やソーシャルメディアのプラットフォームを利用して、個人の行動に影響を与えるような誤った情報を発信することが広まっているからです。特に、政治・経済・社会の各分野において、フェイクニュースがもたらす悪影響は拡大しており、これらのフェイクニュースをほぼリアルタイムで検出・識別する必要性が強調されています。さらに、「DeepFakes」や「FakeNews 2.0」と呼ばれる、人工知能(AI)を使って偽の動画を作成するという最新のトレンドは、大きな懸念を抱かせる急成長を遂げています。AIの技術を使えば、基本的に誰でも、実際には起こっていないイベントで人物が行動を起こしている様子を撮影した偽装動画を作成することができます。ディープフェイクは、フェイクニュースほど普及していませんが、一般の人々に与える影響は大きく、人気が高まっています。また、ディープフェイクビデオの作成が巧妙であるため、ディープフェイクビデオの識別や検出が難しく、加害者にとってはより効果的で破壊的なツールとなっています。

ディープフェイクやフェイクニュースの利用と脅威が増すにつれ、新たな検知方法を開発する努力が必要となり、結果的に(偽)情報戦の次の波となっています。テクノロジー、特に人工知能の普及により、動画、写真、テキストのいずれかで、本物のように見える合成メディアを作成するためのソリューションを、広範囲かつ簡単に使用できるようになりました。偽造プロフィールのネットワーク、ボットネットワーク、ソーシャルメディアのスマートな利用と組み合わせることで、攻撃者は一般市民や特定の個人に影響を与える多くの方法を手に入れることができます。メディアとテクノロジーがサイバーテロ、犯罪行為、スパイ活動、軍事戦争に利用されるようになった今、新時代の情報戦は世界中の民主主義を脅かし、各国政府は多額の投資をしてこの脅威に立ち向かう必要に迫られています。

諜報機関、法執行機関、その他の政府機関は、(偽)情報戦争がもたらす脅威に取り組むために積極的な役割を果たしており、フェイクニュースやディープフェイクメディアを検出して対抗することができる技術に増大する予算を費やしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]