AIと機械学習の研究開発に向け、国土安全保障、公安、国家安全保障でさらなる研究開発進む

国土安全保障・国家安全保障分野の人工知能市場は成長している

現代社会において最も劇的な技術的ゲームチェンジャーとも言える人工知能(AI)は、国土安全保障、公安、国家安全保障の組織の業務遂行方法を変える可能性を持つ存在です。AIは国防、諜報、国土安全保障、外交、監視、サイバーセキュリティ、情報、経済ツールなどに応用されているため、国家安全保障のほぼすべてが人工知能によって形作られていると言えます。

AIとは、外部データを正しく解釈し、特定の目標やタスクを達成するために、そのデータから学習したことを柔軟に対応させ、利用するシステムです。国土安全保障、国家安全保障、法執行および公安におけるAIの技術プラットフォームとソリューションは、ハードウェア、ソフトウェア、サービスの3つの主要な技術市場と、機械学習、自然言語処理、ロボティクスおよびエキスパートシステム、機械視覚および機械聴覚の4つのサブ技術市場に分けることができます。

AIテクノロジープラットフォームとソリューションエコシステム

国土安全保障と国家安全保障の組織は、国境警備からサイバーセキュリティに至るまで、国家に対する潜在的な脅威に関わるあらゆることを含め、自国の安全を守ることを義務付けられています。これらの組織は、日常的に大量のデータを扱うため、ビッグデータを収集、捕捉、分析するためのツールや技術の使用から、自動化、データ駆動、またはアルゴリズムによる学習手順に頼ったAI技術の使用へ移行することになります。

米国土安全保障省高等研究プロジェクト庁の元サイバーセキュリティ部門長、ダグラス・モーガン氏は、AIの役割を次のように説明しています。

“AI技術はますます新しい知識を提供し、私たちの行動に情報を与えてくれるようになりました。センサー、データのデジタル化、そして増え続ける接続性に後押しされ、AIはフィルター、関連付け、優先順位付け、分類、測定、結果の予測を行い、連邦政府がより多くの情報を得てデータに基づいた意思決定を行うことを可能にしています。”

世界中の多くの国家安全保障機関は、AIと機械学習技術の研究開発と様々な業務への導入に向けて、さらなる研究開発を進めています。AIと機械学習技術を利用して大幅な業務改善が期待できる国家安全保障業務には、国境警備と税関、緊急時の対応、国内テロの防止、重要なインフラストラクチャの保護、政府情報機関、LEAと第一応答者、その他の国家安全保障、公安、国土安全保障機関などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]