ディープフェイク対策・フェイクニュース対策: 新時代の情報戦に政府機関は多額の投資 一部デジタルフォレンジックの利用も

過去一世紀にわたり、フェイクニュースは重要な問題になっており、報道機関やソーシャルメディアプラットフォームを通して誤った情報を広めることが、個人の行動に影響を与えるようになりました。特に政治、経済、社会環境におけるフェイクニュースの悪影響は増大しており、これらのフェイクニュースをほぼリアルタイムで検知し、特定する必要性があります。さらに、人工知能(AI)を利用してフェイク動画を作成する最近のトレンドは、ディープフェイクやフェイクニュース 2.0と呼ばれ、大きな懸念材料となっています。AI技術により、誰でも、起きてもいない出来事や人物、その行動を撮影したフェイク動画を作成することが可能になりました。ディープフェイクはフェイクニュースほど普及・拡大はしていませんが、利用者が増えており、一般の人々への影響力ははるかに大きいといえます。さらに、ディープフェイクビデオの作成の背後にある高度な技術は、それを特定して検出することの難易度を高めており、加害者にとっては、より効果的で破壊的なツールとなっています。

ディープフェイクとフェイクニュースの使用と脅威が激化するにつれ、新しい検出方法の開発も同様に行われていますが、結果的に次の誤情報戦の発生につながっています。テクノロジー、特に人工知能の普及により、ビデオ、写真、テキストのいずれかで、非常にリアルに見える合成メディアを作成できる使いやすいソリューションの利用が可能になりました。偽のプロフィールのネットワーク、ボットネットワーク、ソーシャルメディアのスマートな利用と組み合わせることで、攻撃者は一般の人々や特定の個人に影響を与えるための多くの方法を手に入れることができます。メディアやテクノロジーが、サイバーテロ、犯罪、スパイ活動、軍事戦に利用されるようになった現在、新時代の情報戦は世界中の民主主義国家を脅かしており、政府は多額の投資をしてこの脅威に立ち向かうことになります。

情報機関、法執行機関、およびその他の政府機関は、誤った情報戦がもたらす脅威に対処するために積極的な役割を果たしており、フェイクニュースやディープフェイクメディアに対抗する技術に多くの予算を費やしています。

フェイクニュース:世間の認識に影響を与えるために、意図的に虚偽の現実を作成すること

ディープフェイク:AIによって作成・操作されたビデオやオーディオで、現実に見えるように捏造された画像や音声を生成すること 多くの場合、この2つが同時に使用されていますが、検出したり、削除したりするためには、それぞれに異なるツールや方法が必要です。現在、市場の支出の大部分は情報戦の検出と監視に費やされていますが、一部はデジタルフォレンジックに投資されており、被害が発生した後のデータの追跡に採用しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]