学校・キャンパスセキュリティ市場、2018年から2025年にかけてCAGR5.2%で成長見込み 米国が最大シェア占める

過去10年間に民間人を標的としたテロ、大量銃撃、その他の死亡事故の発生率が増加しており、学校やキャンパスにおけるセキュリティソリューションの導入の必要性を浮き彫りにしています。学校やキャンパスのセキュリティ技術とは、キャンパスの活動を監視し、不規則・不審な行動や個人を検出し、危険な事件が発生した際に物理的な保護対策を展開し、そのような状況下で事件の関係者とコミュニケーションを取るために使用されるツールやシステムを指します。米国では、特に学校敷地内での銃乱射事件が増加しており、全米の学校やキャンパスが敷地への侵入に関するセキュリティシステムの導入や改善を検討していることから、米国が市場の主要地域となっています。

現時点では、米国と欧州のほとんどの学校では、ある程度のセキュリティ対策を導入していますが、そのほとんどは技術的に高いものではなく、改善の余地があります。米国市場はすでに比較的成熟しており、かつ、最大のシェアを占めているため、世界市場は緩やかなペースで成長すると予想されています。そして、世界の学校・キャンパスセキュリティ市場は、2018年から2025年の予測期間中、CAGR5.2%で成長すると予想しています。

学校・キャンパスセキュリティ市場の規模データは、次の4つの独立した視点から分析されます。

1. 技術

•アクセスコントロール

•ビデオ監視

•金属探知機 & スクリーニング

•脅威アラート & 通信システム

•その他

2 エンドユーザー

•K-12

•高等教育

3.地域

•米国

•欧州

•アジア太平洋

•その他 (RoW)

4.調査対象国

•米国

•フランス

•英国

•ドイツ

•イタリア

•デンマーク

•スウェーデン

•ノルウェー

•シンガポール

•インド

•オーストラリア

•中国

•日本

•メキシコ

•ブラジル

•南アフリカ

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]