OSINT市場、ニーズ急増により拡大傾向に

OSINTは必要不可欠なものとなり、市場は拡大しています。OSINTツール、WebintやSocial Media Monitoring Automationにより、アナリストは様々なソースに対応し、ほぼリアルタイムで分析を行うことができます。

個人情報、企業のコンテンツ、政府のデータベースなどが世界中の情報機関に公開され、アクセスできるようになったことで、OSINTへの投資が増加し、ひいてはOSINT、WEBINT、SOCMINTの予算も増加しています。

OSINT市場のセグメンテーション2020-2026

オープンウェブ、ディープウェブ、ダークネットなどの監視・調査能力を高めるために、オープンソースのインテリジェンスツールに投資するセキュリティ機関が増えていると言われています。Facebook、Twitter、Instagram、LinkedInなどのソーシャルネットワークは、何十億人もの人々の詳細な個人情報を保有しており、ソーシャルメディア・モニタリングの基盤となっています。位置情報、人脈、趣味、購買習慣などが公開されているため、これらのネットワークは情報分析者にとっての金鉱となっています。

暴動、病気の発生、軍隊の移動などの情報は、数秒のうちに地元のメディアから国際的なメディアへと伝わります。暴動、病気の発生、軍隊の移動などの情報は、数秒のうちに地元の、そして国際的なメディアに届きます。このような情報の流れとそれを支える情報システムは、あらゆる情報組織にとって強力なツールとなります。軍事情報、警察情報、および国土安全保障に関連する組織は、最先端のOSINTシステムの購入に投資していると言われています。

急成長しているバーティカル分野のひとつが、スレットインテリジェンスの領域で、サイバーインテリジェンスを監視するオープンソースインテリジェンスです。ハッカーはダークネット上で交流し、ウェブフォーラムやグループで作戦や攻撃を管理しているため、これらの活動を常時監視することで、計画された攻撃に関する貴重な情報を得ることができます。ほとんどのサイバー防衛組織では、OSINTとWEBINTが強力なスレット・インテリジェンス・プロセスの構成要素の一つになりつつあります。

国土安全保障と公共安全における世界のオープンソースインテリジェンス市場は、以下のようなドライバーによって後押しされています。

ソーシャルネットワークの利用拡大と、動画共有、グループ、フォーラムなどのユーザー生成コンテンツの増加により、情報機関が収集・分析できるコンテンツの量が拡大していること。

フェイクニュースやディープフェイク技術の増加により、偽情報や誤報キャンペーンの危険性がはるかに高まっていること

ビッグデータ、データ分析、テキスト分析、人工知能の急速な進歩により、何百万もの散在するデータを情報分析者が管理できるデータベースに変換することが容易になっています。収集と分析を自動化することで、アナリストは様々な情報源に対応し、ほぼリアルタイムで分析を行うことができるようになりました。

政府機関のデータをウェブ上で公開する意欲が高まり、個人や国レベルでのデータアクセスが容易になっていること。

個人情報や秘密データのオープンな領域への流出。Wiki-LeaksやPanama Papersのような取り組みにより、これまで公開されていなかった情報が公開され、高度な情報機関が、高度なオープンソースインテリジェンスツールを用いて、個人、企業、国の調査や監視にこのデータを活用できるようになっていること。

自由度の低い国による国民の情報収集への投資 – 中国のソーシャルメディアの監視活動は何年も前から知られており、ロシアやトルコなどの国では、オープンソースインテリジェンスシステムに基づいて国民を監視する機能をすでに構築しています。この傾向は、かつてプライバシーの牙城と考えられていた欧州諸国にも浸透しつつあります。2015年から2017年にかけてヨーロッパで発生したテロ事件により、市民権やプライバシー権と国土安全保障や公共の安全との間の議論は新たな高みに達しており、西ヨーロッパの議会はOSINT予算やソーシャルメディア・インテリジェンス(SOCMINT)の増加につながるはずです。

世界中でOSINTトレーニングコースが増加し、高度なシステムの潜在的ユーザー数が増加しています。このコースでは、一般に公開されている情報収集技術やOSINTツール、さらにはOSINTの上を行くHUMINTなどが提供されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]