オレオケミカルの市場規模、2021年から2028年にCAGR7.57%で成長見込み

オレオケミカルの市場規模は、2020年に194億6,000万米ドルとなり、2021年から2028年にかけて年平均成長率(CAGR)7.57%で成長すると予想されています。パーソナルケア・化粧品、食品・飲料、医薬品、その他の産業において、再生可能、持続可能、バイオベースの化学製品の消費が増加していることが、予測期間中の製品需要を牽引すると予想されます。さらに、石油化学製品の高コスト化や環境に優しい製品へのシフトが、製品需要をさらに押し上げると考えられます。また、石鹸や洗剤、界面活性剤、潤滑油、ワニス、医薬品などの製造に使用される脂肪酸の形でのオレオケミカルの消費も、今後数年間の市場成長を促進すると予想されます。

基本的なオレオケミカル製品には、特殊エステル、グリセロールエステル、アルコキシレートなどがあり、中でも特殊エステルは最大の製品セグメントの一つを占めています。動物性油脂、植物性油脂、植物性油脂をベースにした脂肪酸は、工業用、パーソナルケア・化粧品用、食品・飲料用などの分野で多く使用されています。

パーソナルケア製品や化粧品などの最終用途産業における特殊エステルの消費量は増加しており、これが予測期間中の市場成長を促進すると予想されています。石油化学製品への依存度を減らすために、持続可能で生分解性のある製品への需要が高まっていることも、市場成長の主な要因であると考えられます。

メーカーは、化学物質由来の製品をバイオベースの化学物質に置き換えることで、再配合や再装備にかかる時間とコストを最小限に抑えることを目的とした取り組みを行っています。また、バイオベースのプラスチックの需要が高まっていることも、市場の成長に好影響を与えると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]