中東の映画・エンターテイメント市場規模、2021年から2028年にCAGR8.5%で拡大見込み

中東の映画・エンターテイメント市場規模は、2020年には18億6,000万米ドルとなりました。2021年から2028年にかけて、年平均成長率(CAGR)8.5%で拡大すると予測されています。この市場は、観客にバーチャルリアリティ(VR)を体験させる3D映画の人気が高まっていることが要因となっています。また、IPTV、デジタル新聞、DTH、デジタルケーブルなどの新しいマーケティング・流通プラットフォームの導入や、音楽や映画のオンライン販売が、業界の発展を後押しすると予想されます。主要プレーヤーは、未開拓の市場に進出するために、地域拡大や販売提携などの戦略を採用しています。また、これらのプレーヤーの多くは、これらの市場の視聴者との強い結びつきを確立するために、ローカルコンテンツの制作に注力しています。

映画やテレビ作品のコンテンツを多様化する傾向は、市場で大きな支持を得ています。競合他社は、視聴者との強い結びつきを確立するために、従来のメディア以外の方法に注目しています。また、地域化への需要の高まりは、映画制作者に幅広いテーマやジャンルを提供しています。大規模なスタジオは、コミュニケーションに高度なデジタル技術を使用する、より充実したプロモーションおよびマーケティング戦略に投資し、採用しています。音楽、映画、テレビシリーズのストリーミング配信の急速な増加は、プレーヤーにビジネス拡大のための新たな機会をもたらしました。公式オンライン・ストリーミング・サービス・プロバイダーやチャンネルの出現により、アーティストやプロデューサーが被る損失を防ぐことができると期待されています。

しかし、メディア・エンタテインメント(M&E)業界では、オンライン・ストリーミングによる高い著作権侵害率と低い利益率のために、収益創出がある程度制限されています。しかし、サイバーセキュリティ法の発展や、海賊行為に対する法的措置の強化により、プレーヤーの損失は減少すると予想されます。また、このことがオンライン・ストリーミング事業への新規参入を促していると考えられます。 テレビやインターネット・ストリーミングなどのプラットフォームを通じて、進化し、ますます多様化する視聴者に簡単にアクセスできることも、新しい才能の登場を促しています。中国、韓国、インドなどの国でモバイル通信やインターネットの普及が進んでいることが、新興市場での映画やエンターテインメントの進展を後押ししています。これらの新興市場の収益性は、米国などの成熟市場の停滞によってさらに促進されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]