先進的創傷治療の市場規模、2021年から2028年にCAGR5.3%で拡大見込み

先進的な創傷治療の市場規模は、2020年に65億米ドルとなり、2021年から2028年にかけて年平均成長率(CAGR)5.3%で拡大すると予想されています。慢性的な怪我の有病率の増加、手術件数の増加、入院期間の短縮に対する需要、世界各地での外来手術センターの増加などが、予測期間中の市場成長を促進すると考えられます。

慢性的な怪我の増加は、先進的な創傷ケア製品の需要増加につながる重要な要因の1つです。慢性的な怪我の治療に必要なドレッシングには、フィルム、ガーゼ、ハイドロゲル、ハイドロコロイド、フォームドレッシングなどがあります。さらに、銀やアルギン酸塩を含む高度な創傷ケア製品は、傷から余分な水分を取り除き、感染症から保護するためにも使用されます。これらの製品には、成長因子として知られるホルモン様物質が含まれています。これらの成長因子は、迅速な治癒を可能にし、体の細胞の成長を促進します。さらに、皮膚移植片や生体材料は、自力で閉じることのできない大きな傷の治癒にも使用されます。米国国立衛生研究所によると、米国では毎年約650万人が慢性的な傷を負っています。また、その治療には250億米ドル以上が費やされていると報告されています。

米国糖尿病協会とオルガノジェネシス社の報告書「Diagnosis and Management of Diabetic Foot Complications」によると、欧米諸国における糖尿病性足潰瘍の年間発生率は約2.0%、生涯リスクは15.0~25.0%とされています。湿潤創傷被覆材は、一般的に、このような創傷の迅速な治癒のために使用されています。このように、慢性的な怪我の発生率が高いことから、予測期間中、高度な創傷治療の市場を牽引することが予想されます。

さらに、世界的に交通事故が増加していることも、予測期間中に高度な創傷治療の市場を牽引すると予想されます。例えば、WHOによる「Global Status Report on Road Safety 2018」によると、交通事故は5~29歳の子どもや若年層の主要な死因の一つとなっています。先進的な創傷ケア製品は、衝突によって生じた傷の包帯や迅速な治癒に主に使用されます。したがって、このような要因が先進的な創傷ケアの市場の成長を後押しすると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]