医療機器の保険償還の市場規模、2021年から2028年にCAGR10.8%で拡大見込み

医療機器の保険償還の市場規模は、2020年に3,744億米ドルとなり、2021年から2028年にかけて年平均成長率(CAGR)10.8%で拡大することが予想されています。医療機器の保険償還とは、医療機関が医療機器を使用した際に発生した費用を民間保険会社が医療機関に支払うことと定義されます。通常、医療機器の使用を含む患者の医療費は、医療保険者や政府機関が負担します。電子カルテ(EMR)の技術的進歩、慢性疾患の増加、償還の必要性の高まりなどが市場を牽引する要因となっています。償還額は、特定の医療機器を完全に償還する方法と、医療機器を使用した医療行為全体の結果で支払う方法の2つで決定されます。

米国のAffordable Care Actは、患者の医療費を減らすことに重点を置いています。この法律の主な目的は、医療機器のコストを削減し、国内のすべての人が手頃な価格の医療保険を利用できるようにすることです。また、メディケイド・メディケアセンターは、高品質の医療機器を提供し、何十億人もの人々が健康保険を利用できるようにすることを目指しています。したがって、米国のメディケイドの支出は、2019年に4.5%増加しました。また、Center for American Progress(CAP)が発表したレポートによると、米国内では2019年に約1兆3,000憶米ドルが医療費の償還に費やされたと推定されています。このような理由から、この市場は予測期間中に有利な成長を示すことが予想されます。

さらに、高齢化の進展に伴い、医療費は今後も増加し、医療機器の需要が高まると考えられます。このことも、長期的には診療報酬業界に大きな影響を与える要因となります。その他の市場成長の要因としては、医療費の増加、患者数の増加、健康保険制度に関する人々の意識の高まりなどが挙げられます。

COVID-19は、医療機器とそのサプライチェーン市場に大きな影響を与えています。国家間の移動制限により、地域の倉庫間の輸送サービスが妨げられています。ほとんどの医療機器は、メーカーが市場承認のための証明書を取得する前に試験を行うため、臨床試験のデータ収集を医療機関に依存しています。外来受診が制限されているため、そうした臨床試験の機会が減少し、メーカーによる新しい医療機器の発売が妨げられる可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]