産業用ボイラーの市場規模、2021年から2028年にCAGR5.0%で拡大見込み

産業用ボイラーの市場規模は、2020年に136億米ドルとなり、2021年から2028年にかけて年平均成長率(CAGR)5.0%で拡大すると予測されています。急速な工業化と食品・飲料業界の成長が、予測期間中の世界市場を牽引すると予想されます。さらに、環境中の有害な排出物を規制する厳しい法律により、これらのシステムの導入が促進され、今後数年間、産業用ボイラーの需要が高まると考えられます。

産業用ボイラーは、食品・飲料、石油化学、電力、化学など複数の産業で使用されています。ボイラーは蒸気を発生させ、それを使って加熱プロセスを行います。作られた蒸気は、配管を通って使用する場所に送られます。蒸気を発生させるために、ボイラーは石油やガス、化石、非化石、バイオマスなどのさまざまな種類の燃料を使用します。

2020年には、米国が第2位の市場シェアを占めました。可処分所得の高さと人口の増加により、食品・飲料、繊維、FMCGなど多くの産業が成長しています。このような需要増に対応するために、企業は既存の製造ユニットを拡張するだけでなく、新たな産業プラントを設立しており、それが今後数年間の産業用ボイラーの需要を押し上げています。

また、インドや中国をはじめとする新興国では、石油化学・化学産業が急速に発展しており、産業用ボイラーの需要が増加すると予想されます。また、世界各地でのメガ・パワー・プロジェクトへの投資が拡大していることから、需要はさらに増加すると予想されます。これらのボイラーは、化学・石油化学産業で広く使用されており、用途別では産業用ボイラーの市場シェアが最も高くなっています。

米国環境保護庁は、新しいボイラー規制により、環境への排出を大規模に防止することができると推定しています。88%以上の主要な発生源となるボイラーは、毎年のチューンナップによって排出基準を満たすことができますが、残りの12.0%は有害物質の排出を最小限に抑えるために改修や交換が必要となり、予測期間中にメーカーにとってのチャンスが生まれると予想されています。 製造に関わる様々な問題は、製品の開発が進むにつれて徐々に明らかになっていきます。これらのシステムの製造時に見られる主な問題には、材料、変形、応力腐食、溶接の問題、水素脆化などがあります。製品の設計が基本的な機能を満たしていなければ、製造プロセス全体が企業の要求や目標を満たすことができません。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]