自動車用スマートディスプレイの市場規模、2021年から2028年にCAGR6.2%で拡大見込み

自動車用スマートディスプレイの市場規模は、2020年に113億7,000万米ドルとなり、2021年から2028年にかけて年平均成長率(CAGR)6.2%で拡大することが見込まれています。ナビゲーション、マルチメディアシステム、運転支援、コネクテッドカー機能などの高度な機能に対する需要の増加や、ドライバーと車両のコミュニケーションの向上が、自動車分野におけるスマートディスプレイの利用を後押しすると予想されます。さらに、自動車の安全性、快適性、利便性の向上に対する需要が、特に発展途上国や成熟した経済圏で高まっていることも、予測期間中の市場成長を促進すると予想されます。また、自動走行技術や半自動走行技術への需要の高まりや、特に新興国での高級車・ラグジュアリーカー分野の成長も、予測期間中の市場成長の道筋を示すと考えられます。

車載用スマートディスプレイの利用は急速に拡大しています。この市場は、自動車業界の需要動向、自動走行車開発の進展、コックピットエレクトロニクスの技術的進歩、購入者の嗜好などに依存しています。さらに、スマートディスプレイは、重要な運転支援機能を1つのタッチスクリーンプラットフォームで利用できるようにするために不可欠な役割を果たしています。

ジェスチャーコントロールシステム、高度なインフォテインメントシステム、ヘッドアップディスプレイ、テレマティクス、セントラルコントローラー、ステアリングマウントコントロールなどの技術は、安全性、快適性、高級感、セキュリティなどの観点から、乗用車に採用されるケースが増えています。世界のいくつかの国の政府は、自動車の安全性とセキュリティに関する規制を実施しています。これにより、スマートディスプレイを含む電子機器の需要が世界的に高まっています。

車載インフォテイメントシステムと電子部品は、特に通勤者、モバイルワーカー、小旅行者、旅行者にとって重要な役割を果たしています。コックピットエレクトロニクス技術のトレンドとイノベーションは、自動車におけるドライバーと乗客の体験を向上させるのに役立ちます。コックピットエレクトロニクスにおけるディスプレイのサイズ、数、質の向上は、業界成長の道筋を作ると期待されています。さらに、自動走行車の体験を向上させるために、音声認識、AI強化エージェント、自然言語処理を統合することで、市場の成長を後押しすることが期待されています。ドライバーモニタリングシステムは、ティア1サプライヤーや自動車OEMが追い求めているいくつかの技術の一つです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]