アロマテラピーの市場規模、2021年から2028年にCAGR11.6%で拡大見込み

アロマテラピーの市場規模は、2020年に16億米ドルと推定され、2021年から2028年にかけて年平均成長率(CAGR)11.6%で拡大すると見込まれています。エッセンシャルオイルの治療用途に関する意識の高まりと、天然製品への嗜好の高まりが、予測期間中の市場を牽引すると考えられます。

アロマテラピーは、痛み、心血管障害、呼吸器系障害、皮膚関連の問題、風邪や咳、消化器系の問題、免疫系の機能障害、不眠症、不安、傷などの様々な障害を回復させる代替医療療法と考えられています。また、女性はニキビ跡を気にする人が多いため、ニキビに悩む人が治療用のエッセンシャルオイルを選ぶことが多いようです。

2020年のアロマセラピー市場は、米国が独占しています。代替療法の利点に関する意識の高まりが、今後数年間、米国のアロマセラピー市場を牽引すると予想されます。さらに、エッセンシャルオイルの栽培に有利な法律や規制が、予測期間中に同国の市場成長を促進すると考えられます。

アロマテラピーの市場におけるターゲット層は、一般的には女性ですが、ミレニアル世代の間でも大きく成長しています。この人口グループは、ヒーリングセラピーのトレンドの変化をもたらしています。人々は、人工的に作られた薬ではなく、自然な療法を選ぶようになってきています。ヒーリングセラピーのトレンドの変化に伴い、主要企業は新たな取り組みや新製品の開発を行っています。

主要企業は、地理的なプレゼンスを拡大するために、ますます多くの取り組みを行っています。このような戦略的開発は、企業だけでなく、新しい生産施設やオフィスが設立された国にとっても有益なものです。発展途上国における未開拓の成長機会と、これらの地域における市場参入企業の投資の増加が、アロマセラピー製品の需要を押し上げると予想されます。

また、COVID-19の流行を抑制するための対策により、人々の間でストレス、不安、うつ状態が増加しているため、様々なストレス解消法やリラクゼーション療法の需要が高まると予想されます。さらに、COVID-19の主な症状は、咳、風邪、発熱などであるため、咳や風邪を緩和するためにアロマテラピーを利用することは、市場にポジティブな影響を与えると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]