使い捨て手袋の市場規模、2020年から2028年にCAGR9.2%で成長見込み

使い捨て手袋の市場規模は、2020年に101億7,000万米ドルとなり、2020年から2028年にかけて年平均成長率(CAGR)9.2%で成長すると予測されています。Covid-19パンデミックが続く中、特に医療業界からの使い捨て手袋の需要が高まっていることに加え、医療関連感染症(HAI)に対する意識が高まっていることが、市場の成長を後押しすると予想されます。主な発展途上国の医療部門は、民間および公共部門への投資の増加、移民の流入、高齢者の増加などの要因により、大幅な成長が見込まれています。さらに、医療費の増加が発展途上国の医療部門の成長を促し、それが製品需要の増加につながると予想されます。

さらに、米国ではCovid-19パンデミックが発生しており、ウイルスの感染を防ぐために、特に医療分野での使い捨て手袋の需要が高まっています。

産業界の労働環境における有害な化学物質との接触は、労働者の健康問題を引き起こす大きな要因の一つです。皮膚病、発疹、手の切り傷、切断、血液媒介性病原体などは、ヘルスケア、医療、鉱業などの様々な産業で経験する一般的なリスクです。予測期間中は、安全規制が製品需要を促進する主な要因となるでしょう。

高い耐熱性、快適性、弾力性を提供するための原材料の重要性に関する認識の高まりは、市場の主要プレーヤーの研究開発活動を後押しすると予想されます。これらの取り組みは、既存のデザインに革新的なアドオンを追加することで、製品の多機能性を実現し、用途の幅を広げることを目的としています。

使い捨て手袋の製造は、原材料費が高く、製造方法も複雑であるため、非常に資本集約的であり、市場の主要な原材料供給企業は、製品製造のためのバリューチェーンを統合しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]