使い捨てカップの市場規模、2021年から2028年にCAGR7.2%で拡大見込み

使い捨てカップの市場規模は、2020年に118億8,000万米ドルとなり、2021年から2028年にかけて年平均成長率(CAGR)7.2%で拡大すると予想されています。使い捨てカップは、クイックサービスレストランで温かいまたは冷たい飲料を提供するために採用されるケースが増えており、今後数年間の需要を牽引すると考えられます。また、商業施設や住宅地のパーティーで、水を飲むために使い捨てカップを使用するケースが増えていることも、需要の増加につながると考えられます。使い捨てカップの使用は、過去10年間でかなり普及しました。消費者の利便性の高さが、この製品の需要を押し上げていると考えられます。都市部や準都市部でのクイックサービスレストラン(QSR)の需要が増加していることや、調理器具を洗浄するための水不足が市場を牽引すると予想されています。また、可処分所得の増加に加え、利便性を重視する食のトレンドの変化が、製品需要をさらに押し上げると予想されます。

使い捨てカップは、グラス、マグカップ、ステインに代わる素晴らしいアイテムです。特に、消費者が破損や持ち運びを心配している場合には最適です。社交場やお祝いの席での使い捨てカップの使用が増えていることが、今後数年間の需要を押し上げる要因となるでしょう。シングルサービングカップは、家庭内で様々な用途に使用されます。飲み物の試供品を提供したり、子供に優しい分量を配ったり、さらにはエスプレッソやカプチーノなどの大人の飲み物を提供するのにも最適なのです。そのため、世界中の家庭では、マウスウォッシュで口をゆすいだり、ピルやジェルキャップの薬を飲み直すときに細菌が広がるのを防ぐために、小型の使い捨てカップをキャビネットに常備しています。また、家庭用品や工芸品を作る際に、絵の具やステイン、接着剤などを混ぜるときにも、小さなカップが便利です。これらの要因は、今後数年間の市場成長を促進すると予測されます。 COVID-19の大流行を受けて、世界中の外食企業は、従業員や消費者の安全と衛生を確保するために特別な対策を講じています。例えば、Starbucks、Dunkin’、McDonald’sなどの大手ファーストフード企業は、パンデミックを受けて、BYO(Bring-Your-Own)容器プログラムの中止を発表しました。パンデミックの中、食べ物や飲み物の包装に関しては、使い捨て製品が非常に衛生的であると考えられています。そのため、テイクアウトやデリバリーに限定している小規模・大規模な飲食店の多くは、これまで以上に使い捨て容器に頼るようになりました。COVID-19流行が続いていることから、このような習慣は今後も続くと予想されます。このことが、今後数年間の使い捨てカップの需要を牽引すると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]