ウェルスマネジメントソフトウェアの市場規模、2021年から2028年にCAGR13.5%で拡大見込み

ウェルスマネジメントソフトウェア市場規模は、2020年に33億1,000万米ドルとなり、2021年から2028年にかけて年平均成長率(CAGR)13.5%で拡大すると予想されています。世界中で富裕層(HNWI)の数が絶えず増加していることが成長の原動力になると予想されます。投資銀行や独立系ファイナンシャル・アドバイザーは、富裕層と密接な関係を築き、彼らのビジネス目標を理解し、投資戦略を決定します。HNWIは、最大のリターンを得るために資本市場に投資します。増え続ける個人の資産を従来の方法で管理することは、金融機関にとって厄介でリスクの高い作業です。そのため、ウェルスマネジメントプロセスを自動化するツールやシステムの需要が継続的に高まっています。

さらに、数多くの組織が、ビジネスタスクをよりシンプルにするために、デジタルプラットフォームに焦点を移しています。ウェルスマネジメントシステムは、企業が取引口座を管理し、効率的に富を管理するのに役立ちます。ブロックチェーンと人工知能(AI)の分野における技術的進歩が、予測期間における市場の成長を促進すると考えられます。AIシステムは、顧客の支出を効率的に追跡し、それに応じて助言します。ブロックチェーンとAIは、顧客の支出と記録パターンを追跡し、それに応じて見積もりを行います。この推定に基づいて、システムはアドバイスを作成し、顧客が効果的に支出を管理できるように支援します。

AIとブロックチェーン技術は、顧客がファイナンシャル・アドバイザーに定期的に会いに行くことを避けるのに役立ちます。さらに、顧客サービスの向上や運用コストの低下など、さまざまな要因が市場の成長を促進すると予想されています。運用コストの削減は、ウェルスマネジメントシステムでは、ロボットアドバイザーの利用などによって行われます。これらの要因により、予測期間中、ウェルスマネジメントソフトウェアの導入が促進されると考えられます。 COVID-19の発生は、市場にプラスの影響を与えると予想されます。しかし、従来の資産管理方法への依存度が高いことが、市場成長の課題となることが予想されます。さらに、ビジネスの専門家の間で技術的な専門知識が不十分であることも、障害として作用すると予想されます。また、資産管理ソフトウェアが提供するメリットに対する企業の認知度が低いことも、市場成長の妨げになると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]