ガス検知器の市場規模、2021年から2028年にCAGR9.7%で拡大見込み

ガス検知器の市場規模は、2020年に40億6,000万米ドルとなりました。2021年から2028年にかけて、年平均成長率(CAGR)9.7%で拡大すると予想されています。石油・ガス分野では、緊急対応、フラッキング、リーク検知などの用途でガス検知機器のニーズが高まっており、これが市場成長の原動力となっています。さらに、危険なガスから作業者を保護する必要性から、様々な産業分野でガス検知器の需要が生まれています。米国暖房冷凍空調学会や労働安全衛生局などの政府規制では、安全・安心を目的としたガス検知器の設置が義務付けられており、これも市場の成長に寄与しています。

世界各国の政府機関は、石油・ガスのメタン排出量を削減するための取り組みを行っており、それに伴いガス検知機器の需要も高まっています。赤外線ガス検知センサーは、様々なアプリケーションの効率性や安全性を監視するために不可欠とされるメタン検知に広く使用されています。ガス検知器は、輸送、天然ガス採掘、発電時のメタン漏れによる被害を軽減するために重要な役割を果たします。2020年1月、カナダ政府は石油・ガスのメタン排出量を2025年までに2012年比で40〜45%削減することを約束しました。メタン排出量の削減は、世界の排出量を削減するための費用対効果の高い方法の一つと考えられています。

現在、ガスセンサーはHART通信プロトコルで利用できるようになっており、市場に新たな機会をもたらしています。HARTは、4-20mAのアナログ信号を乱すことなく、一貫性のある均一な通信を実現する計装用通信プロトコルです。大規模な企業ネットワークや個々の工場に適切なデータをもたらすために、企業チームにさまざまな利点を提供します。HART 7プロトコルで利用可能なガス検知器は、HARTを通じてセンサーの状態をプラントのメンテナンスシステムに送ることができます。

最近、Bluetoothベースのガス検知器が重要視されています。この無線技術により、ユーザーはリアルタイムで同僚と空気品質の測定値を共有することができます。さまざまな企業がBluetoothベースのガス検知機器の導入に力を入れています。例えば、2017年1月、ハネウェルインターナショナル社は、軽工業用のBluetooth対応固定式ガス検知器の発売を発表し、ユーザーはスマートフォンアプリを使って簡単に機器のメンテナンスや設定ができるようになりました。 COVID-19のパンデミックは、ガス検知器の需要にポジティブな影響を与えています。COVID-19の影響を受けて入院した患者は、追加の酸素を必要とするため、病院では酸素の使用を効率的に管理する必要があります。ガス検知器は、酸素漏れを通知し、患者とリソースの保護を支援するため、病院で重要な役割を果たしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]