ブロー成形プラスチックの市場規模、2021年から2028年にCAGR3.3%で成長見込み

ブロー成形プラスチックの市場規模は、2020年に757億米ドルとなり、2021年から2028年にかけて年平均成長率(CAGR)3.3%で成長することが見込まれています。BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)を中心とした建設、自動車、包装などの主要アプリケーション分野での需要拡大が、予測期間中の市場を牽引すると予想されています。Covid-19の世界的な流行に伴い、様々な医薬品、消毒剤、除菌剤の需要が増加しています。これにより、医療用途のブロー成形プラスチックの需要が増加しています。この分野は、消耗品・エレクトロニクス分野や建築・建設分野よりも高い成長率が見込まれています。

ここ数年、中東やアジア太平洋地域などの高成長地域では、生産能力の増強が急伸しています。これらの地域では、全体的な製造コストの削減に加えて、これらのタイプのプラスチックに対する安定した需要が生まれています。

パッケージング、自動車、医療、エレクトロニクス、建築などの分野では、製造コストの大幅な上昇を補うために、より高い精度、高いコスト効率、高い柔軟性を備えた機械が求められています。

欧州市場は、Covid-19パンデミックによる工業生産の停滞、失業率の上昇、債務危機などの様々な要因により、成長が鈍化すると予想されています。しかし、東欧では、消費活動や製造業が活発化しており、これが市場を牽引するものと期待されています。 さらに、この地域の市場は、欧州化学物質庁(ECHA)や欧州委員会などの規制機関による厳しい環境規制が存在することが特徴です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]