細胞療法の市場規模、2021年から2028年にCAGR14.5%で拡大見込み

細胞療法の市場規模は、2020年に78億米ドルとなり、2021年から2028年にかけて年平均成長率(CAGR)14.5%で拡大すると予測されています。この市場は、細胞療法の臨床研究が増加していることが主な拡大要因です。これにより、研究とその臨床応用に対する世界的な投資が大幅に増加しています。現在進行中の臨床試験の数が増加しているのは、政府や民間の資金提供機関が、臨床試験のさまざまな段階でプロジェクトを支援するための助成金を継続的に提供していることに起因しています。

また、再生医療の分野では様々な進歩が見られ、慢性疾患に対する効果的な治療法の提供が期待されています。カナダなどの成長市場では、細胞療法市場の未開拓の可能性を生かそうと、いくつかの企業が先頭に立って取り組んでいます。例えば、RepliCel社は、再生医療の複数のプロジェクトに投資しています。例えば、2021年2月には、新たに3つの技術を日本で実用化し、臨床試験を行う計画を発表しました。この中には、皮膚の若返りと腱の再生を目的とした2つの細胞ベースの治療法が含まれています。

さらに、先進的な治療法の開発を支える新しい技術が徐々に登場していることも、市場の成長を後押ししています。独自の細胞株の導入は、単一の製品を利用して強力な候補となる製品のポートフォリオを作成するための主要な手段と考えられています。例えば、Immunicum社は、キメラ抗原受容体T細胞(CAR-T)の拡大、樹状細胞のネオアンチゲン標的技術、T細胞プライマーなどを用いて、免疫腫瘍学のための製品ラインを進めています。

さらに、新たな治療戦略として注目されているのが、細胞を直接初期化する技術です。これは、その高い有効性と安全性に起因しています。非公開企業であるFortuna Fix社は、神経変性や神経外傷の際に失われた神経組織を補うために、直接初期化で生成された神経幹細胞の自家移植を使用する最初の企業となることを目指しています。このような継続的な活動により、将来的には収益の増加が期待されます。

COVID-19の発生を抑制するために多大な努力が払われており、細胞療法の市場は一定の影響を受けています。世界中の多くの大学が、臨床試験やその他の研究活動のための登録プロセスを遅らせているため、進行中の研究の進捗が懸念されます。しかし、市場は拡大を続けており、ノバルティス社など多くの企業が自社の治療法へのアクセスを提供しています。加えて、Athersys, Inc.のMultiStemは、COVID-19の治療法として大いに期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]