水素生成の市場規模、2021年から2028年にCAGR5.7%で拡大見込み

水素生成の市場規模は、2020年に1,207億7,000万米ドルとなり、2021年から2028年にかけて年平均成長率(CAGR)5.7%で拡大すると予想されています。公害レベルの上昇に伴い、クリーンでグリーンな燃料の需要が急激に増加していることに加え、燃料中の硫黄含有量を管理・抑制するための政府規制が強化されていることが、水素生成市場を牽引すると予想されます。また、様々な産業分野での利用が増加していることも、この業界を世界的に牽引していると考えられます。水素は、バイオマス、天然ガス、石炭、その他の再生可能・非再生可能なエネルギー源など、数多くの資源を利用して製造されます。

現在、水素を作る主な原料は天然ガスであり、水素製造には天然ガスを利用した水蒸気メタン改質器が主に使用されています。しかし、電気分解や熱分解などの新しい技術を採用することでも、水素は製造されています。

米国は、発電、製造、輸送などの分野で、世界で最も早くクリーンエネルギーソリューションを導入している国の一つです。米国エネルギー省(DOE)と運輸省(DOT)は、2006年12月に「水素ポスチャープラン」を発表しました。この計画の目的は、研究開発を強化し、貯蔵インフラを構築するための技術を検証することでした。

さらに、この計画では、国内の貯蔵・流通インフラの整備を支援するために連邦政府が設定した成果物を提供しています。この計画は、「National Hydrogen Energy Vision and Roadmap」に基づいて策定されました。

米国のメーカーは、収益向上のために、インドネシア、ベトナム、南アフリカなどの発展途上国をターゲットに、商圏を広げようとしています。さらに、エア・リキードやPraxair Inc.などの米国企業は、戦略的な成長計画の一環として、この製品の需要が高まっている国での事業拡大を目指しています。

北米における業界の拡大は、数年前から進められています。この業界は、各アプリケーションや技術からの貢献により、活発なペースで成長しています。米国では、メタノールやアンモニアの製造に水素を利用するアプリケーションが高い成長率を示しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]