特殊ガスの市場規模、2021年から2028年にCAGR8.8%で拡大見込み

特殊ガスの市場規模は、2020年に96億4,000万米ドルとなりました。2021年から2028年にかけて、年平均成長率(CAGR)8.8%で拡大すると予想されています。主に製造業、電子機器、ヘルスケア用途での適用率の増加が成長を牽引すると予想されます。高純度ガスや希ガスの消費量が増加していることから、医療分野では特殊ガスが好まれると予想されています。また、磁気共鳴画像装置(MRI)にも使用されています。また、ディスプレイ市場の拡大は、電子機器分野における特殊ガスの消費量を増加させる重要な要因となっています。

特殊ガス市場は、市場の大半を占めるヘルスケアや電子機器業界での需要が増加していることに加え、中国やインドでは経済状況の改善により電子機器の需要が高まっていることから、成長が見込まれています。

特殊ガスは、電子産業において、集積回路(IC)やシリコンウェハーなどの部品の製造、フラットパネルディスプレイ製品や化合物半導体の製造に使用されています。化合物半導体の需要増加に伴い、従来のウェットプロセスから気相法による加工や洗浄へと移行しており、特殊ガスの使用が増加しています。

特にアジア太平洋地域では、自動車、医療、電子機器の需要が伸びており、市場の成長が期待されています。また、アジア太平洋地域では、溶接や切断、照明、金属加工、化学品製造などの分野で利用されています。

製品の洞察

炭素ガスセグメントは、製造業、エレクトロニクス、ヘルスケア、化学などの様々なエンドユース産業での需要が増加していることに加え、分析目的や機器の校正などの用途が拡大していることから、2020年時点で26%以上の収益シェアを持つ市場の主要セグメントになると予想されています。製造業やエレクトロニクス産業での希ガス需要の増加は、業界の成長を促進すると予想されます。 超高純度セグメントは、半導体製造、レーザー技術、ディスプレイ、太陽光発電製品、溶接・切断、分析機器、化学プロセスの安定化、硬化やマーキングのための増幅光の生成などの用途で使用が増加しているため、特殊ガス業界の主要セグメントになると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]