合法大麻市場規模、2021年から2028年にCAGR14.3%で拡大見込み

合法大麻市場規模は、2020年に246億米ドルとなり、2021年から2028年にかけて年平均成長率(CAGR)14.3%で拡大することが見込まれています。市場成長の主な要因の一つは、大麻合法国の増加に伴う合法大麻の需要拡大です。近年、様々な国で合法化されたことにより、様々な疾患に対する医療用大麻の使用が世界中で活発化しています。パーキンソン病、癌、アルツハイマー病、多くの神経疾患などの慢性疾患を患う患者に医療用大麻が投与されています。特に医療用大麻を合法化している国では、大麻油の需要が急速に高まっています。欧州における最近の斬新な食品裁定により、今後数年間でCBD単離物の成長はさらに強化されるでしょう。さらに、大麻を摂取している子供たちは、てんかんなどの障害の治療に多大な効果を示していることから、オイルのみが処方されています。2021年2月、米国ニュージャージー州のフィル・マーフィー知事は、21歳以上の成人を対象とした娯楽用大麻を合法化するための3つの法案に署名しました。これにより、今後数ヶ月のうちに市場の可能性がさらに高まると予想されます。

COVID-19のパンデミックにより、大麻製品のサプライチェーン管理が混乱しています。世界各地で厳しいロックダウンが行われているため、薬局での大麻の供給量は減少しています。さらに、COVID-19パンデミックは輸出ビジネスにも打撃を与えています。主要国でのロックダウンによるサプライチェーンの混乱は、輸出だけでなく輸入ビジネスにも影響を与えています。しかし、大麻を治療法として必要とする病状の有病率が高まっていることから、大麻を治療法として採用する患者数は増加していくと考えられます。2020年12月、欧州委員会は食用CBD製品の新規食品申請を再開しました。 政府の政策の変化により、合法的なマリファナの需要が急速に急増することが予想されます。いくつかの新しいスタートアップ企業が、研究開発、大麻の試験、製造に乗り出しています。カナダでは、多くの州が大麻小売店の民営化を心待ちにしています。また、単一のサプライヤーを選択していた多くの州では、複数のサプライヤーからの申請を募っています。これらの要因は、予測期間中に市場を牽引すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]