熱成形パッケージの市場規模、2021年から2028年にCAGR5.2%で成長見込み

熱成形パッケージの市場規模は、2020年に428億6,000万米ドルとなり、2021年から2028年にかけて年平均成長率(CAGR)5.2%で成長すると予測されています。惣菜や肉・魚介類の包装食品の需要が増加していることに加え、世界的に組織化された小売店や電子商取引ネットワークの普及が進んでいることが、予測期間中の市場成長を牽引すると考えられます。熱成形プロセスでは、熱可塑性プラスチックシートを軟化温度まで加熱した後、金型を用いて目的の形状に変換します。一般的には、熱、真空、圧力を用いてシートを加工し、最終製品を製造します。

このプロセスは主に、薄肉熱成形と厚肉熱成形の2種類に分岐します。薄肉熱成形品には、トレー、ブリスター、クラムシェルなどがあり、食品、医薬品、電子機器、ホームケア製品などの包装に広く使用されています。米国の医薬品業界では、経口固形製剤の包装に、従来のボトルからブリスター包装へのシフトが見られます。これは主に、ブリスターが湿気や酸素から個々の固形剤を保護することに起因しています。さらに、ブリスターは低コストで輸送が容易なため、製薬メーカーはブリスターを採用するようになっています。

トレイ、容器、カップ、皿などの熱成形品は、外食産業において、テーブル提供や小包の包装に広く利用されています。世界的なライフスタイルの変化に伴う電子食品配送プラットフォームの普及は、外食産業の拡大に大きく貢献しており、それが製品需要の増加につながると予想されます。 熱成形パッケージ製品は、費用対効果が高く、軽量で美観に優れているため、パッケージ食品メーカーに広く利用されています。また、食品の保存期間を延ばすために、熱成形容器の中に気体を入れて制御するMAP(Modified Atmosphere Packaging)が普及していることも、今後の市場成長を後押しすると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]