バーチャルフィッティングルームの市場規模、2021年から2028年にCAGR25.2%で拡大見込み

バーチャルフィッティングルームの市場規模は、2020年には27億3,000万米ドルとなり、2021年から2028年にかけて年平均成長率(CAGR)25.2%で拡大すると予想されています。バーチャルフィッティングルームのソリューションには、AR(拡張現実)やVR(仮想現実)が介在し、リアルな印象を表現することができるため、市場の成長を大きく促進すると考えられます。さらに、電子商取引の普及や、オンラインファッション小売業者が適切なサイズの商品を提供することへの懸念が高まっていること、競争が激化する市場で生き残るためには顧客のカスタマイズされた要求に対応する必要があることなども、予測期間中に市場に有望な成長機会をもたらすと考えられます。

店頭の着替えスペースをオンラインで再現したバーチャルフィッティングルームは、2Dオーバーレイの形で導入され、ファッション小売業界では普及が遅れていました。しかし、マネキンを使用してユーザーのサイズを判断する3D技術の登場により、市場は堅調な需要を示しています。バーチャル3Dフィッティングルームは、お客様とファッションブランドのコラボレーションプラットフォームであり、お客様の信頼を高め、サイズやフィッティングの問題による返品・交換を最小限に抑えることを目的としています。スマートフォンに搭載された高画質カメラ、スマートミラー、高精細レンズなどのインテリジェント技術の普及が、バーチャル更衣室技術の採用を促進すると予測されています。 世界的にファッションブランドの数が増えたことで、お客様は数多くの選択肢の中から選ぶことができるようになりました。これは、スイッチングコストの低下と相まって、小売業者間の激しい競争につながっています。バーチャルフィッティングルームは、小売店に多感覚的な刺激を与え、消費者には購入に適した商品を選ぶための没入的なユーザー体験を提供します。バーチャル試着室は、オンライン顧客をウェブやモバイルアプリケーションに引き付けるという潜在的なメリットがあるため、ファッション小売業者は最新のバーチャル試着室技術の導入に多額の投資を行っています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]