血液加温器の市場規模、2021年から2028年にCAGR8.3%で拡大見込み

血液加温器の市場規模は、2020年に8億6,920万米ドルとなり、2021年から2028年にかけて年平均成長率(CAGR)8.3%で拡大すると予測されています。世界的な外科手術の増加に加え、交通事故による死亡者数の増加が市場を牽引すると予想されています。また、外来診療や軍事・防衛分野での血液・静脈温熱器の需要が高まっていることも、近い将来の市場成長を後押しすると予想されます。低体温症は、身体的外傷を受けた患者が死亡する可能性のある主要なリスク要因の一つです。

米国では、2016年に低体温症が1,000万~1,200万件、高熱症が200万~300万件発生したと推定されています。傷害・衝撃による出血、極限環境、感染症の流行、自然災害、身体的外傷、低温保存された血液・静脈の注入による低体温症などの要因により、致死のリスクが高まります。米国では、点滴による低体温症の数百万件のうち、75.0%が外来で発生していることが確認されています。このような低体温症を防ぐために、2010年以降、米国や欧州連合(EU)では携帯型の血液・静脈温熱器の需要が高まっており、血液・静脈温熱器市場の成長を牽引しています。

米国では、患者の保温需要の70.0%以上が病院で満たされており、残りは外来サービスなどの遠隔地で満たされています。外科手術や入院は、点滴液の注入や輸血を必要とする最大の要因です。輸液/輸血による低体温症を防ぐために、血液加温器は、先進国の国民の死亡事故を防ぐために、伝統的に重要な役割を果たしてきました。

さらに、多くの外科手術では、移植やインプラントを必要としますが、微生物の感染を防ぐために、通常の体温よりもかなり低い温度に保たれることがよくあります。このようなインプラントを導入すると、患者の体温が下がるため、患者用の暖房システムが必要になると考えられます。また、身体の弱い患者は、体温調節が難しいため、回復を助け、合併症のリスクを減らすために、体温調節装置が必要となります。

また、世界的な外科手術の増加に伴い、携帯型および非携帯型の血液・静脈温熱器の需要が増加しています。これらの機器は、外科医が患者の体温を最適なレベルに保ち、手術台での低体温症のリスクを防ぐのに役立ちます。病院では、より大量の血液や点滴を温めることができ、価格も手頃でメンテナンスも簡単な非携帯型血液・点滴加温器がよく使用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]