杭打ち機の市場規模、2021年から2028年にCAGR3.6%で拡大見込み

杭打ち機の市場規模は2020年に50億8,000万米ドルとなり、2021年から2028年にかけて年平均成長率(CAGR)3.6%で拡大すると予想されています。インド、中国、ブラジル、メキシコなどの新興国では都市化が進んでおり、予測期間中、建設業界の成長が促進され、杭打ち機の需要が増加すると予想されます。杭打ち作業中の振動が海洋環境に与える影響への懸念が高まっていることから、英国、ドイツ、米国、ニュージーランドでは、水生生態系を保護するための厳格な規制基準が施行されています。これにより、振動の少ない杭打ち機の需要が増加することが予想されます。

UAE、インド、中国における民間の建設会社の発展は、予測期間における建設業界の支出を増強すると予想されています。Global Construction 2030レポートによると、世界の建設業界は2030年までに15兆5,000億米ドルに達すると予測され、中国、インド、米国が全体の成長の57%以上を占めるとしています。建設活動の増加は、今後数年間の製品需要を増大させると予想されます。

2014年10月、欧州委員会は、2030年までに再生可能エネルギーの目標を最低27%、温室効果ガスを1990年比で40%削減することを提案しました。シーメンス社やスズロン社による新製品の発表は、欧州委員会が提示した再生可能エネルギーの出力を強化する目標とともに、風力発電所の設置を増加させることが期待されます。また、欧州委員会が再生可能エネルギーの出力向上を目標に掲げていることもあり、風力発電所の設置が増加することが予想され、これが予測期間中の市場拡大につながると考えられます。

急速な工業化と業務プロセスの近代化に伴い、デジタル技術が重要な役割を果たしています。各社は、市場での競争力を高めるために、リモートマスターコントローラーなどのデジタル技術を駆使したソリューションを顧客に提供する傾向にあります。また、バウアー社などの杭打ち機メーカーが戦略的に提携し、低騒音・低振動の杭打ち機を開発していることも、予測期間中の市場成長に好影響を与えると考えられます。 公共工事では、COVID-19のパンデミックによる短期的な影響を最小限に抑え、ある程度の活動を継続しています。建設会社は契約を履行していますが、サプライチェーンが寸断されたことにより、建設資材や設備が不足し、進行中のプロジェクトの遅延やキャンセル、将来のプロジェクトの予算減少を引き起こしました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]