空気清浄機の市場規模、2021年から2028年にCAGR10.0%で拡大見込み

空気清浄機の市場規模は、2020年に106億7,000万米ドルとなり、2021年から2028年にかけて年平均成長率(CAGR)10.0%で拡大すると予測されています。この市場は、空気感染症の増加や都市部での汚染レベルの上昇によって牽引されると予想されています。さらに、健康意識の高まり、生活水準の向上、可処分所得の増加が市場の成長を促進すると予想されます。特に世界の発展途上地域では、大気汚染防止装置の導入が進んでおり、これが予測期間中の市場を牽引することが予想されます。特に都市部の若者の間では、健康的なライフスタイルに対する意識が高まっており、これが市場の成長に大きく寄与すると考えられます。

米国では、大気汚染レベルの上昇と相まって、空気感染症の有病率が上昇しており、予測期間中の市場成長にプラスの影響を与えることが予想されます。HEPA技術は、有害な空気中の粒子を捕捉するのに最も効果的な技術であるため、予測期間中、米国市場ではHEPA技術セグメントが優位に立つと予想されます。

各国政府は、室内空気の質に関する厳しい規制や基準を導入することで、大気汚染の規制に力を入れており、これが予測期間中の業界の牽引役となることが予想されます。さらに、政府やNGOが世界中で行っている数多くの大気汚染防止キャンペーンも、予測期間中の市場成長を後押しすると考えられます。

各国の政府は、COVID-19の拡散を抑制するためにロックダウン措置を導入しています。そのため、在宅勤務や在宅勤務を推奨する動きが、空気清浄機の需要をさらに高めています。さらに、病院、大学、政府機関では、コロナウイルスの蔓延を防ぐための方法を模索しており、空気清浄機の需要が大きくなっています。 ライフスタイルの嗜好の変化、室内空気環境の悪化、健康への関心の高まり、空気清浄機のメリットに対する消費者の意識の高まりなどの要因が、今後数年間の市場を牽引すると考えられます。しかし、空気清浄機の導入やメンテナンスにかかるコストが高いため、その普及が制限されることが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]