産業用ポンプの市場規模、2021年から2028年にCAGR3.9%で拡大見込み

世界の産業用ポンプ市場規模は、2020年に602億1,000万米ドルとなり、2021年から2028年にかけて年平均成長率(CAGR)3.9%で拡大すると予測されています。上下水道、化学、石油・ガス、発電など、さまざまな業界で産業用ポンプの採用が進んでいることが、市場の成長に好影響を与えると予想されます。工業用ポンプは、様々なサイズ、形状、容量のものが製造されています。また、電力業界では、循環、ボイラ給水、スラッジ処理など様々なプロセスで幅広く使用されています。予測期間中、化学産業の成長が製品需要にプラスの影響を与えると予想されます。

2020年の北米市場では、米国が最大のシェアを占めました。オフショアおよびオンショアの石油・ガス分野での探査活動の高まりが、予測期間中の産業用ポンプの需要を牽引すると予想されます。また、国内では既存の上下水道インフラの更新が、予測期間中にこれらのポンプの需要を押し上げる可能性があります。

エネルギー効率と安全基準に関する政府の厳しい政策の存在は、市場の成長に重要な役割を果たすと予測されます。複数の政府機関が現行の政策を再構築し、新たな枠組みを導入しているため、様々な産業分野で先進技術を用いたポンプの普及が進んでいます。

急速な都市化、工業化の進展、技術開発、インフラへの投資の増加などの要因が、エネルギー燃料の需要を促進しています。その結果、石油・ガス、電力、水処理などの産業が高成長を遂げ、これらの産業におけるポンプの需要が増加すると予想されます。 この市場は、特にアジア太平洋地域において低価格メーカーとの競争が激化しているため、非常に価格に敏感です。そのため、製品価格が予測できないことが、アメリカやヨーロッパでの市場成長の阻害要因となっています。市場シェアを維持するためには、成長に注力するとともに、研究開発活動への継続的な投資が不可欠です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]