ポリ乳酸の市場規模、2021年から2028年にCAGR18.1%で成長見込み

ポリ乳酸の市場規模は、2020年に5億2,547万米ドルとなり、2021年から2028年にかけて年平均成長率(CAGR)18.1%で成長すると予測されています。同製品の需要は主に、農業、輸送、繊維、包装などの最終用途産業によって牽引されています。また、ポリ乳酸は、従来のプラスチックに比べて二酸化炭素の排出量が少ないことから、世界中で需要が高まっています。さらに、軟包装製品への需要の高まりも市場の成長を後押ししています。パッケージングされた食品、スナック、RTE(Ready-to-Eat)食品などのニーズの高まりが、包装産業の成長を大きく後押ししています。このように、急速に成長しているパッケージ産業は、予測期間中にPLAの需要を生み出すことが予想されます。

ポリ乳酸は主に、使い捨てのカトラリーや食品容器など、電子レンジで使用できる容器の製造に利用されています。審美性、印刷性、耐油性などの包装容器としての特性が、食品用包装ソリューションにおけるポリ乳酸の需要を世界的に押し上げています。

本製品は、自動車分野で使用される部品の製造に使用されており、内装部品やフード下部品などの用途で使用されています。この製品は、バイオ成分を多く含んでいるため、二酸化炭素排出量を削減できることで知られています。また、耐衝撃性、耐紫外線性、高光沢、寸法安定性などの多くの特性を備えています。

これらの要因により、自動車のエンジンルームや内装に使用されているポリエチレンテレフタレート(PET)、ポリカーボネート(PC)、ポリブチレンテレフタレート(PBT)、アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン(ABS)、ポリアミドなど、従来のプラスチックのほぼ全てに代わる理想的な材料となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]