上下水道処理装置の市場規模、2021年から2028年にCAGR4.0%で成長見込み

上下水道処理装置の市場規模は、2020年には616億米ドルとなり、2021年から2028年にかけて年平均成長率(CAGR)4.0%で成長すると予測されています。急速な都市化や工業化に伴うきれいな水への需要の高まりは、淡水資源の減少と相まって、予測期間中の製品需要を促進すると予想されます。また、環境問題への関心が高まっていることに加え、世界各地で水処理や廃水処理に関する政府の厳しい規制に対応する必要があることも、市場の成長を後押ししていると考えられます。さらに、廃水処理施設への投資が増加していることも、市場の成長を後押しすると予想されます。

2020年の北米市場では、米国が圧倒的なシェアを占めています。これは、上下水道処理のインフラが整備されていることに加え、排水に関する規制が厳しいことが要因です。加えて、老朽化したインフラの既存施設をアップグレードする必要性が高まっていることも、市場の成長を後押しすると考えられます。

急速な都市化、技術の進歩、インフラの整備、人口の増加により、世界各地で新鮮な水や加工された水の需要が高まっています。しかし、淡水資源が限られているため、需要の増加に対応するために、廃水の処理と再利用に注目が集まっています。このことが、予測期間中の市場成長を後押しすると考えられます。

同市場では、膜やフィルターなどの高度なコンポーネントが開発されており、これらは高い機能効率を提供し、より長い期間動作します。さらに、製油所からのきれいな水の需要が高まっていることや、石油・ガスや製造業の排水を処理するための高度なコンポーネントの開発が、予測期間中の市場を牽引すると予想されます。 いくつかの政府機関が、産業界や自治体からの廃水排出に関して厳しい規制を導入しており、これが今後数年間の製品需要を押し上げる要因となります。しかし、廃水処理施設の運用・保守・監視にかかるコストが高いため、市場の成長がある程度抑制される可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]