収益サイクル管理の市場規模、2021年から2028年にCAGR11.5%で拡大見込み

世界の収益サイクル管理市場規模は、2020年には2,618億米ドルとなり、2021年から2028年にかけて年平均成長率(CAGR)11.5%で拡大すると予測されています。組織のワークフローを最適化するニーズの高まりと、同期管理ソフトウェアやシステムの技術革新の進展が、市場の成長を促進すると予想されます。また、連邦政府機関が規制改革のためのチームを設置したことで、医療業界では様々なヘルスケア製品が再分類される可能性があります。

技術の進歩や、様々な医療機関などによるRCM(レベニューサイクルマネジメント)ツールの導入の高まりにより、主要プレイヤーが提供するソリューションの開発やアップグレードが進んでいます。例えば、2020年1月、R1 RCM社は、大規模な病院所有の医療グループや独立した診療所を持つグループへのサービス提供を目的とした、医師向け収益サイクル管理ソリューション「R1 Professional」の発売を発表しました。これにより、オペレーションと償還モデルの標準化された収益サイクル管理戦略を提供することができます。

COVID-19のパンデミックは、医療機関に大きな課題をもたらしており、これらの医療機関のほとんどが、収益や入院患者数に大きな影響を受けていると報告しています。このような医療費の増加と医療費請求の複雑化により、世界各地で収益サイクル管理サービスのアウトソーシングが増加しています。市場参加者が提供する高度な付加価値機能(リモートコーディングサービス、ペイアーコネクト、監査・コンプライアンス、レポーティング・分析など)により、生産性と収益の最大化が図られ、市場の成長に影響を与えています。

収益サイクル管理をアウトソーシングする主な利点は、熟練した訓練を受けた専門家が利用できること、費用対効果の高い効率的なサービスを提供できること、必要な規則や規制に準拠できることです。これらの利点により、近年、アウトソーシングサービスの導入が増加しています。例えば、Med USA誌に掲載された2020年の記事によると、医療機関の約3分の2が収益サイクル管理のニーズにアウトソーシングサービスを利用しています。このような採用の増加は、予測期間中の収益サイクル管理市場の成長を促進すると考えられます。 しかし、適切な償還シナリオの欠如は、保険やその他の手続きに関して患者が直面する大きな課題の一つです。また、政府系保険会社と民間保険会社の償還額の差も、市場の成長を妨げる要因となっています。例えば、HFMA(Healthcare Financial Management Association)に掲載された最近の記事によると、メディケアによる支払いの平均的な償還期間は約28日であるのに対し、民間の商業保険会社はその2倍でした。このような払い戻しの遅れや不一致が、このようなソリューションの導入に障害となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]