フローメーターの市場規模、2021年から2028年にCAGR5.70%で拡大見込み

フローメーターの世界市場規模は、2020年に82億9,000万米ドルとなりました。2021年から2028年にかけて、年平均成長率(CAGR)5.70%で拡大すると予想されています。世界各地の石油・ガス管理アプリケーションにおける流量計測の需要が増加していることが、市場の成長を促進すると予想されます。また、予測期間中は、上下水道、発電、紙パルプなどの他の分野でも、流量計測技術や計測機器の導入が促進されるでしょう。特に、北米、欧州、アジア太平洋地域でシェールガスの埋蔵が確認されたことを受けて、石油・ガス、化学・石油精製分野での流量計の採用が進んでいます。

IoT(モノのインターネット)の統合により、スマートな流量測定ソリューションの導入が進んでいることから、インテリジェント流量計の需要は当面の間、増加すると予想されています。コリオリ式流量計は、流量をより正確に測定するスマート機能が強化されているため、需要の増加が見込まれています。流量計市場のプレーヤーは、主に石油・ガス分野をターゲットとし、液体、気体、蒸気の流量を測定する革新的な製品やソリューションを提供するために積極的な投資を行っています。また、石油・ガス分野でのカストディトランスファーは、超音波流量計やコリオリ式流量計に有利な機会をもたらす重要なアプリケーションの一つです。

予測期間中、無線モニタリングや制御、高度なセンサー、デジタル表示などの技術の進歩が、流量計市場の成長を促進すると予想されます。フローメーターのメーカーは、スマートメータリングソリューションのためにIoTセンサーを採用するケースが増えています。IoTの先進的なアプローチは、自動検針を可能にし、自動的かつ遠隔地からデータを収集します。このような製品の技術開発により、2021年から2028年にかけて、市場は大きな成長が見込まれています。しかし、流量計の校正は時間のかかるプロセスであり、これが市場成長の課題となることが予想されます。

アジア太平洋地域の発展途上国では急速な都市化が進んでおり、適切な上下水道管理や発電の必要性が高まっています。そのため、アジア太平洋地域では、上下水道用の流量計の需要が高いと予想されます。しかし、スマートフローメーターの操作プロセスに関する労働スキルの問題や、これらの先進的な製品に関連する高い初期費用は、市場の成長を妨げる要因となります。同様に、MEA地域には適切な校正施設がなく、同地域の政情が不安定であることも、この地域の市場成長に影響を与える要因となっています。 最近のCOVID-19の発生を受けて、世界のほとんどの産業で大きな混乱が生じています。世界の石油・ガス、化学、金属・鉱業、パルプ・製紙、食品・飲料などの業界は、パンデミックにより、サプライチェーンの途絶、工場の閉鎖、それに伴うこれらの業界が提供する製品への需要の減少などの悪影響を受けています。同様に、パンデミックが発生した初期段階では、上述の業界が短期的にこれらの製品を採用することが少なかったため、市場全体に大きな影響を与えました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]