土木市場規模、2021年から2028年にCAGR5.7%で拡大見込み

世界の土木市場規模は、2020年に7兆7,400億米ドルとなり、2021年から2028年にかけて年平均成長率(CAGR)5.7%で成長すると予想されています。新興国の急速な工業化・都市化に加え、世界的に高品質なインフラ整備への関心が高まっていることが、市場の成長を後押しすると予想されます。また、インフラ整備や設備投資プロジェクトの増加は、建設分野の成長を後押しし、予測期間中の製品需要を押し上げると予想されます。新興国における消費者の可処分所得の増加は、不動産分野を牽引し、業界の成長を促進すると予想されます。

不動産、インフラ、工業などのアプリケーション産業が急速に発展していることから、中国の土木市場は、高い成長が見込まれています。中国では、産業・商業セクターの拡大に伴い、計画・設計サービスに対する需要が急増しており、予測期間中の市場成長を促進すると考えられます。

中国、インド、韓国などの新興国における、急速な都市化と工業生産活動の活発化により、アジア太平洋地域の市場成長が見込まれています。また、アジア太平洋地域では、消費者の可処分所得が増加していることから、住宅建設の需要が増加し、市場の成長を促進すると予想されています。 都市人口の増加に伴い、より優れた交通システムに対する需要が世界的に高まると予想されます。世界各国の産業界は、この需要に応えるために様々な計画を立てており、これが世界市場に多くの成長機会をもたらすと予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]