B2C電子商取引の市場規模、2021年から2028年にCAGR9.7%で拡大見込み

B2C電子商取引の世界市場規模は、2020年に3兆6,700億米ドルとなりました。2021年から2028年にかけて、年平均成長率(CAGR)9.7%で拡大すると予想されています。この成長の背景には、可処分所得の増加、世界の一人当たりの所得の増加、インターネットの普及率の拡大などがあります。スマートフォンの普及に伴い、Eコマース分野はより身近で効率的なものとなっています。また、ソーシャルネットワークの利用が増加していることも、様々な商品やサービスをオンラインで購入する需要を促進しています。この市場は、デジタルへの依存度の高まりと、オンラインプラットフォームでの買い物の利便性を主な理由として、予測期間中に高い成長を遂げると予想されています。多忙なライフスタイルの中で、家にいながらにして買い物ができるという選択肢が増えたことが、この市場を発展させました。

利便性は、オンラインショッピング業界全体の成長を促進する大きな要因です。お客様は、ウェブサイトを訪問することで興味のある商品を見つけ、様々な商品についての追加的な情報を得ることができます。お客様がスマートフォンを利用してオンラインで商品やサービスを購入するケースが増えていることから、市場ではEコマースからMコマースへのパラダイムシフトが起きています。また、オフラインの小売業が組織化されていないことも、世界規模での成長の原動力となっています。

業界は比較的安定しており、M&Aにより競争の激しいライバル関係が続いています。B2C電子商取引市場の主要プレイヤーには、Amazon.com, Inc.、ALIBABA GROUP HOLDING LIMITED、JD.com, Inc.、Flipkart.com、PayPal Holdings; Inc.などがあります。これらの企業は驚異的な成長を続けており、世界的な大手企業と並んで大規模な投資家を惹きつけ、競争を激化させています。さらに、これらの企業は、ニッチな製品を提供し、革新的なサービスを提供することで、他社との差別化を図っています。

最近のコロナウイルス(COVID19)のパンデミックを受けて、B2Cのeコマースプラットフォームでは、食料品、パーソナルケア製品、バスルーム用品などの必需品に対する需要が急増しました。しかし、初期の段階(第1四半期、第2四半期)では、COVID-19が世界的に深刻化したことにより、各国政府がロックダウンを実施したため、サプライチェーンが混乱し、Eコマースの売上に悪影響を及ぼしました。さらに、電子商取引の成長に大きく貢献している米国と中国が、COVID-19パンデミックの影響を最も大きく受けています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]