フィルターの市場規模、2021年から2028年にCAGR4.7%で拡大見込み

フィルターの市場規模は、2020年には703億8,000万米ドルとなり、2021年から2028年にかけて年平均成長率(CAGR)4.7%で拡大することが見込まれています。自動車および産業用アプリケーションからの排出物の削減を重視する傾向が強まっていることが、予測期間中の市場成長を促進すると考えられます。空気清浄機や浄水器など、いくつかの消費財でフィルターの使用が増加していることが、市場の成長に好影響を与えると予想されます。バクテリアやウイルスなどの有害な微生物を除去するために、家庭、ホテル、レストラン、飛行機、列車のコンパートメントなどで空気清浄機の導入が急速に進んでいることが、市場成長の新たな機会をもたらすと予測されます。

自動車への排出ガス管理ユニットの搭載を義務付けた環境保護庁(EPA)の環境規制に伴い、自動車産業からの製品需要が拡大していることなどから、米国のフィルター市場は、予測期間中に高い成長が見込まれています。さらに、経済復興や政府による環境保護の推進も、この国の市場を牽引すると考えられます。

各国政府が重要施策として水処理施設の建設を進めていることから、世界市場は、成長が見込まれています。これは、良質な飲料水の不足、人口の増加、地下水域や地表水域の汚染などの要因によるものです。

特にアジア太平洋、中東・アフリカ、中南米などの発展途上地域では、人口増加や可処分所得の増加などの要因により、自動車産業の成長が期待されており、これが世界的なフィルター市場の成長を牽引すると予想されています。フィルターは、オイルインテーク、キャビンエアフィルトレーション、エミッションフィルトレーションなど、自動車産業のいくつかの用途に使用されています。

この業界は、紙、綿、合成繊維、鉄や鋼などの金属、接着剤、ゴム、化学薬品、プラスチックなどの原材料の入手状況に大きく影響されます。原材料価格の変動は、製造コストに直接影響し、業界の成長を制限します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]