プラスチックパッケージ市場規模、2021年から2028年にCAGR4.2%で成長見込み

プラスチックパッケージ市場規模は、2020年に3,480億8,000万米ドルとなり、2021年から2028年にかけて年平均成長率(CAGR)4.2%で成長すると予測されています。食品・飲料、医薬品、パーソナル&ホームケアなどの主要アプリケーション産業の急成長が製品需要を牽引しています。さらに、世界中で組織化された小売店や電子商取引の普及が進んでいることも、市場の成長を後押ししています。プラスチックは、柔軟性、剛性、透明性、軽量性を兼ね備えたパッケージであるため、主な用途分野では、金属やガラスなどに比べて好まれています。さらに、エンジニアリングプラスチックは、極端な環境下でも利用することができ、極端な温度下でも劣化しないため、食品や飲料、化粧品などの製品の完全性を保つことができます。

さらに、プラスチックは低コストで印刷性に優れているため、有利な包装材料となっています。米国市場では、2021年から2028年にかけて、押出成形技術セグメントが堅調な成長を遂げると予想されています。米国では、ラップ&フィルム、パウチ、バッグなどの押出成形品は、その性能と持続可能性から、一般消費者向けだけでなく、産業用にも広く使用されています。また、国内の組織的小売業の普及率の高さも、国内の市場成長に大きく貢献しています。

世界的に見ると、包装食品・飲料部門はここ数年、力強い成長を遂げています。ライフスタイルの変化、都市人口の増加、新興国での経済活動の活発化、世界各地での電子商取引の普及などが、世界のパッケージ食品業界を牽引するマクロ要因となっています。さらに、世界の人口が2015年の73億人から2050年には97億人に増加すると予想されていることから、食品の需要は拡大する傾向にあり、これがプラスチック包装製品の需要を促進すると予測されています。

また、電子商取引分野の堅調な成長は、業界の成長に新たな道を開くと考えられます。電子商取引企業は、輸送コストを削減するために、軽量で柔軟性のあるパッケージングソリューションを好んでいます。日々の生鮮食品、FMCG製品、電子機器、衣料品などのオンラインショッピングへの関心が高まっていることも、業界の成長に拍車をかけると考えられます。 さらに、アクティブパッケージング、ガス置換包装、可食包装、バイオプラスチックパッケージなどの革新的なソリューションの導入も、今後数年間の市場成長を後押しすると予想されます。一方で、持続可能性に対する意識の高まりや、プラスチック汚染を抑制するための使い捨て製品の厳格な禁止は、業界の成長を脅かす要因となりそうです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]