搾乳器の市場規模、2021年から2028年にCAGR10.5%で成長見込み

搾乳器の市場規模は、2020年には25億1,000万米ドルとなり、2021年から2028年にかけて年平均成長率(CAGR)10.5%で成長すると予測されています。米国では、母乳育児を促進する機器やサービス、すなわち搾乳器や授乳カウンセリングのコストを保険会社が負担し、患者に無償で提供することを義務付ける規定など、政府による支援策の存在が、同国の製品需要を増大させています。米国内のメーカーや小売業者は、消費者の需要が高いため、在庫を確保するのに苦労しています。この法律には具体性がないため、医療プランごとに提供されるベネフィットが異なる可能性がありますが、エンドユーザーにとっては高い費用対効果が期待できます。

特定の搾乳器を補償外とし、医師が医学的に必要なものとして処方した場合には払い戻しを行うというプランもあります。ほとんどの医療制度では、消費者が特定のブランドの搾乳器を購入することが義務付けられています。このような状況を利用して、メーカーは保険会社と提携し、市場での存在感を高め、市場シェアを拡大することができます。

世界的な識字率の向上に伴い、人々は先進的な医療技術を日常生活に取り入れることに熱心になっています。米国、ドイツ、フランス、オーストラリアなどの先進国の市場は、需要の増加と主要な市場参入企業の存在により先進的な医療市場は飽和状態にあります。アジアやラテンアメリカの新興国では、現在のところ普及率は緩やかですが、経済発展と患者の可処分所得の増加がこれらの地域の市場成長を促進すると予想されています。 急速に発展しているこれらの市場に投資しているメーカーは、価格設定と販売活動が効果的に行われていれば、高い成長が期待できます。また、母乳育児のメリットや重要性に関する意識の高まりも、市場の成長を後押しするでしょう。さらに、最新の機器や技術が容易に入手できることや、発展途上地域における主要企業の存在感が市場の成長に寄与するでしょう。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]