無機着色顔料の市場規模、2020年から2027年までCAGR3.0%で拡大予想 アジアやアフリカなどの新興地域では非住宅分野での需要が顕著

無機着色顔料の市場規模は、2019年に31億米ドルと評価されました。その後、2020年から2027年まで、CAGR3.0%で拡大すると予想されています。同市場は、プラスチック、塗料・コーティング、印刷インク分野における無機着色顔料の用途拡大により牽引されると予想されています。無機着色顔料は、ブレンドしたり、表面コーティングとして塗布したりすることで、基材に色を付与するために使用されます。これらの顔料は、酸化や高温焼成などの簡単な化学反応の助けを借りて金属酸化物を混合することによって製造されます。無機着色顔料は、その組成により、高い着色力、優れた耐光性と耐候性、耐溶剤性と酸化剤に対する優れた耐性、熱安定性、および一貫性を提供します。

建設、自動車、医療、化粧品など、多くの産業において、より高い美観を求める傾向が高まっていることに加え、表面処理への需要が増加していることが、市場成長を牽引すると予想されます。表面処理は、顔料の化学的・物理的特性を変化させることで、素材の機能的・美的魅力を向上させる上で重要な役割を果たします。分散剤の吸収率の低下や低吸油性などの特性により、無機着色顔料は、プラスチック、塗料、コーティング剤など、最終用途産業における表面処理の応用に適しています。

米国、インド、中国や、ドイツ、英国、その他の欧州諸国など、発展途上国と先進国双方の建設活動の拡大と自動車産業の著しい発展は、近年のプラスチックや塗料、コーティング剤への需要の増加をもたらしました。アジア太平洋地域や中東・アフリカなどの新興地域では、FMCG(日用消費財)、IT、通信、小売などの非住宅分野で力強い成長を見せており、これがプラスチックや塗料・コーティング製品の需要をさらに後押ししています。自動車産業における重量の軽減や、より高いデザイン性、美観を追求するプラスチック用途の上昇と相まって、塗料やコーティング市場の需要は、今後数年間で市場の成長を促進すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]