動物医薬市場、ペット飼育率の上昇、食肉の消費量の増加、ワクチン接種の義務化などにより需要が拡大

2020年の動物医薬の市場規模は292億米ドルと推定され、2021年から2028年までCAGR7.4%で拡大すると予測されています。人獣共通感染症や慢性疾患の症例が増加していることが、動物医薬市場を牽引する主な要因となっています。また、世界の家畜数は過去数十年間で急速に増加しています。米国農務省によると、2020年7月時点で米国の牛は約1億300万頭、肉用牛は約3210万頭で、今後数年で大幅に増加すると予想されています。また、研究開発や手続きの進歩、ペット飼育率の上昇、食肉の消費量の増加、ワクチン接種の義務化などにより、今後の動物用医薬品やワクチンの需要が高まると予想されています。

ペットの増加は、コンパニオンアニマルのためのより良い治療オプションの需要を押し上げ、その結果、ペットへの健康支出が増加しています。The American Pet Products Associationによると、米国のペット業界全体の支出は2018年の905億米ドルから2019年には957億米ドルに増加し、2020年には990億米ドルに達すると予測されました。また、2019年から2020年には、米国の8490万世帯に相当する約67.0%がペットを所有していました。この割合は、1988年の56.0%から約11.0%増加しています。

また、食肉の消費量の増加に伴い、動物へのワクチン接種の義務化が求められており、その結果、動物医学の市場が拡大しています。デンマークのThe World Countsによると、世界の食肉生産量は1988年から2018年まで2倍に増えたと報告されています。また、2050年までの肉の消費量は4億6000万トンから5億7000万トンになると予測されています。

新製品の発売、戦略的な提携、買収、合併などは、近年の動物医薬市場にポジティブな影響を与えています。さらに、ペットを飼育する人の増加により動物用医薬品の需要が大幅に増加しており、市場の成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]